劇団ACM

劇団ACMについて

劇団ACM(Acting Company Mito)とは、水戸芸術館の開館と同時に設立された専属劇団です。劇団ACMではACM劇場での舞台出演をはじめ、小学生のための演劇鑑賞会や幼稚園への訪問公演、図書館での朗読会などといった教育プログラムも積極的に行なっています。また、俳優たちが自ら企画する "ACM Bookmobile" シリーズも定期的に行なっています。

劇団員紹介

塩谷 亮 Ryo Shiotani

shiotani_r
北海道出身。
茨城キリスト教大学文学部卒業後、1992年~2004年劇団ACMに在籍、07年再入団し現在に至る。『ヘンリィ四世』(’92)、『恋する妊婦』(’94)、『美貌の流星』(’97)、『スリッパ、誰の?』(’03)、『パパ、I LOVE YOU!』(’10)、『十二人の怒れる男』(’10)など数多くのACM劇場主催公演に出演。さらに、ACM Bookmobileでは、太宰治や宮沢賢治などの文学作品を構成・演出・朗読し、好評を博している。また近隣図書館での朗読会や幼稚園への訪問公演、小学校への訪問公演なども積極的に行なっている。

→ 過去の出演作


遠島 立夫 Ritsuo Toshima

toshima_r
茨城県ひたちなか市出身。
水戸市民演劇学校を経て、2002年に劇団ACM入団。入団以降、近代能楽集『熊野』('02)、KUSHIDA WORKING in 北海道プレビュー公演『コーカサスの白墨の輪』('03)、KUSHIDA WORKING『スカパン』('03)、『北京の幽霊』('09)、『ドン・キホーテ』('10)など数多くのACM劇場主催企画公演などに出演。また幼稚園訪問公演では狂言をモチーフにした子ども向けのお芝居の構成・演出を手掛けたり、2011年7月末には水戸芸術館現代美術ギャラリーワークショップ室にて、レイモンド・カーヴァー作・村上春樹翻訳の「愛について語るときに我々の語ること」を落語の手法を取り入れて上演、また同年9月にはACM劇場再開記念公演としてつかこうへい作「新・幕末純情伝」の演出を手掛けるなど、俳優にとどまらず演出等でも精力的に活動している。

ブログ:» ゴジャッペ acm 遠島立夫

→ 過去の出演作


大内 真智 Matomo Ouchi

ouchi_m
アメリカ合衆国生まれ、水戸市育ち。
2009年に劇団ACM入団。入団前から数々の主催企画公演に参加している。ACM劇場での主な出演作として、KUSHIDA WORKING『スカパン』('03)、『THE SECRET GARDEN』('04)、『ジュリアス・シーザー』('06)、『パパ、I LOVE YOU!』('10)、『十二人の怒れる男』(‘10)、『新・幕末純情伝』(龍馬役/'11)など。その他の出演作として、串田和美演出『コクーン歌舞伎 桜姫』('05)など。
現在では、「形に捕らわれない演劇の楽しさ、素晴らしさを伝えたい」と、自身のソロユニット[aua boobooz]でも活動の幅を広げており、朗読と音楽のコラボレーションや、写真とのコラボレーションで観客を魅了している。aua booboozでの主な作品としてaua boobooz×duny's coke『ribbit』('10)、『Re:ribbit』('11)など。また、親子で楽しめる演劇作品の演出・構成・出演や、今年の5月より読み聞かせユニット「ゆうくんとマットさん」を結成し、現在活動中。

ブログ:» AUA BOOBOOZ blog » ゆうくんとマットさんブログ

→ 過去の出演作


小林 祐介 Yusuke Kobayashi

kobayashi_y
栃木県出身。
茨城大学卒業後、2004年に劇団ACM入団。入団以降、『スリッパ、誰の?』('03/'08)、『ベニスの商人』('05)、『北京の幽霊』(‘05/'09)、『マキコマレーノ!!』('09)、『ドン・キホーテ』('10)など数多くのACM劇場主催企画公演に出演。その他の出演作として大澤遊演出による劇団空っぽ人間『嘘つきな男?』(‘07)など。
2009年より水戸コミュニティ放送・FMぱるるんにてラジオパーソナリティとしても活動をスタート。現在は月曜夕方の3時間枠の番組を担当。番組内では、曲の紹介だけにとどまらず、多種多様な話題を巧みに織り交ぜ、リスナーの好感を得ている。
また、親子で楽しめる演劇作品の演出・構成・出演や、今年の5月より読み聞かせユニット「ゆうくんとマットさん」を結成し、現在活動中。

担当ラジオ:
FMぱるるん(76.2MHz)毎週月曜日17:00~20:00
「COMBOX DIG TRAX(COMBOX310サテライトスタジオより生放送)

ブログ:» ユウスケの日々、これ口実
Twitterアカウント:@yusuke_acm

» ゆうくんとマットさんブログ

→ 過去の出演作


澤田 考司 Takashi Sawada

sawada_t
福井県出身。
茨城大学卒業後、2004年に劇団ACM入団。入団以降、『命を弄ぶ男ふたり』('03)、『北京の幽霊』('03/'09)、『パパ、I LOVE YOU!』('10)、『ドン・キホーテ』('10)、『十二人の怒れる男』('10)、『新・幕末純情伝』(土方歳三役/'11)、『夏の夜の夢』(クウィンス役/'12)など数多くのACM劇場主催企画公演に出演。演劇の楽しさを広く知ってもらうため、図書館での朗読会や小学校、幼稚園公演、中学生の子供を持つ父兄を対象とした朗読会などにも力を注いでいる。震災後、市内の子どもたちに笑顔を届けるために6月~7月にかけて、市内の幼稚園21校を訪問したACM SMILE PROJECTでは『ともだちや』で主役のキツネを演じ、子どもたちを魅了した。

ブログ:» ACM澤田の若干うしろむき日記

→ 過去の出演作