水戸市核兵器廃絶平和都市宣言31周年

祈るように語り続けたい~ヒロシマ・ナガサキ そしてフクシマ~

吉永小百合チャリティ朗読会

2016年11月30日[水]  

■招聘公演

1986年からボランティアとして原爆詩の朗読を続けてこられた吉永小百合さんが、水戸芸術館の舞台から、71年前のヒロシマ、ナガサキの「声」を祈りとともに届けてくださいます。そして、来春には東日本大震災、原発事故から6年がたとうとしている今、あの悲劇を忘れないために、福島への想いを心に刻んでいただくために企画した朗読会です。
 また、当日は吉永さん、村治さんへの感謝をこめて、水戸の子どもたちの歌や新進ピアニスト、井上修氏の演奏をお贈りします。


▼出演者

吉永小百合

朗読

俳優。主な映画出演作品に「キューポラのある街」「愛と死をみつめて」「愛と死の記録」「細雪」「夢千代日記」「北の零年」「母べえ」等。2014年、初プロデュース作品「ふしぎな岬の物語」がモントリオール世界映画祭にて審査員特別賞グランプリ、エキュメニカル審査員賞をダブルで受賞。2015年松竹映画「母と暮せば」が第89回米アカデミー賞外国語映画賞部門の日本代表に決定。1986年からボランティアで原爆詩の朗読を始める。ビクターエンタテイメントより、原爆詩の朗読CD『第二楽章(広島編)』『第二楽章 長崎から』『第二楽章 沖縄から「ウミガメと少年」』『第二楽章 福島への思い』が発売されている。TBSラジオ「今晩は 吉永小百合です」(毎週日曜日22時30分)放送中。

村治佳織

ギター

15歳でCDデビュー。フランス留学から帰国後、ソロ活動を展開。N響他国内外のオーケストラとの共演も多数。03年英国の名門レーベルDECCAと日本人として初の長期専属契約を結ぶ。第5回出光音楽賞など受賞も多数。12年NHK-Eテレ「テレビでフランス語」や、J-WAVEのナビゲーターを務めた。14年5月、吉永小百合主演映画『ふしぎな岬の物語』のメインテーマ、「望郷~ふしぎな岬の物語」を演奏。15年NHK-BS「祈りと絆の島にて村治佳織長崎・五島の教会を行く」、16年「題名のない音楽会」、「3.11被災者のためのチャリティ・コンサート」「萬福寺音舞台」等に出演。10月26日ニューアルバム「ラプソティ・ジャパン」をリリース。

井上修

ピアノ

東京学芸大学卒業、東京学芸大学大学院修了。
 チェコ、ベルギーでのフェスティバルにてリサイタルに出演。国内の各種オーディションに合格し、各地で演奏を行う。2006年、09年、10年、13年には水戸芸術館にてピアノリサイタルを開催。平山聡子、上原興隆、故・田村宏、松浦豊明、ローガン・スケルトンの各氏に師事。作新学院大学女子短期大学部専任講師。常磐短期大学、茨城キリスト教大学各非常勤講師。来年3月11日には第5回ピアノリサイタルを水戸芸術館にて開催予定。

水戸市立第四中学校合唱部(茨城県合唱コンクール金賞/関東合唱コンクール銀賞)

水戸子どもミュージカルスクール受講生有志(指揮:高城信江 伴奏:伊藤祥子)

【全席指定】5,000円 U-25(25歳以下)1,000円(入場料金には寄付金を含みます)

●未就学児は入場出来ません。
●車椅子のお客様は、指定の座席へのスムーズなご案内のため予約時にお知らせください。
●開演時間を過ぎてのご入場は、指定のお席にご案内できない場合がございます。
●チケットは完売いたしました。
キャンセル券等がある場合は当日券として、公演日の朝9時30分よりチケット予約センター 029-225-3555にて電話受付いたします。(10時を過ぎても残席がある場合はエントランスホール内チケットカウンターでも販売いたします)

 
  • 18:30
11月30日[水]
 
  •  
 
  •  
 
  •  
 
  •  
 
  •  
 
  •  
チケット取扱い

水戸芸術館エントランスホール内チケットカウンター
チケット予約センター(9:30~18:00 月曜休館) TEL029-225-3555
水戸芸術館ウェブ予約 http://arttowermito.or.jp/tickets/ticket.html


▼公演概要

公演名

祈るように語り続けたい~ヒロシマ・ナガサキ そしてフクシマ~


会場

コンサートホールATM


開催日

2016年11月30日[水]  


主催

水戸市、水戸市芸術振興財団


協力

株式会社 葵建設工業、トヨタカローラ新茨城株式会社、和知商事株式会社