ACM THEATRE PRODUCE <TONS OF MONEY>

遺産と誤算の狂騒曲
~華麗なるダマしあい~

イサンとゴサンのラプソディー

2013年6月7日[金]~ 2013年6月16日[日]

■専属劇団公演
デザイン:松尾浩一

『キャッシュ・オン・デリバリー』(2012)に続く英国喜劇シリーズに、英国笑劇の元祖とも言うべき作品が登場します。
1922年の初演から二年におよぶロングランを記録したこの作品は、その後の英国笑劇に大きな影響をあたえました。サイレント映画をはじめ、さまざまなアダプテーションが施され、ハリウッドのスラップスティック・コメディにまでその影響は波及。本公演では、1985年にアラン・エイクボーンが脚色したヴァージョンを、翻訳も新たに日本初上演!
現代英国の代表的な喜劇作家エイクボーンの巧みな手法により、現代によみがえった笑劇のクラシックな名作をお楽しみください。

本作品は、西川信廣(文学座)の演出を得て上演します。美術は読売演劇大賞最優秀スタッフ賞、伊藤熹朔賞を受賞した気鋭の美術家・二村周作が担当。出演は水戸芸術館専属の劇団ACM、さらに文学座などから客演を迎えます。

【物語】
舞台は英国のマーロウ。オーブリー・メイトランドは発明家を気取っているが、毎日借金取りに追われる少々だらしのない男。妻のルイーズともども、返済をする気はまるでない。破産寸前の夫婦の元へ、ある日、弁護士のチェスタマンが訪れ、オーブリーの兄が亡くなり莫大の遺産があることを伝える。大喜びのふたりだが、借金をすべて返済すると、手元にはほとんど残らない。全遺産の獲得と全借金の帳消しをもくろんだ夫婦は、とんでもない「ひらめき」を実行にうつすのだが、あやしげな執事にメイド、耳の遠い叔母さんに庭師のジャイルズ、次から次にやっかいな人物があらわれて、ふたりの思惑はやがて大きな誤算となり…。


▼キャスト

小林祐介(劇団ACM)
オーブリー[主人]

松山愛佳(文学座)
ルイーズ[オーブリーの妻]

富沢亜古(文学座)
ミス・ベニータ・マレット
[オーブリーの叔母]


塩谷亮(劇団ACM)
スプルールズ[執事]

桜井ふみ
シンプソン[メイド]

遠島立夫(劇団ACM)
ジャイルズ[庭師]


松島正芳
ジェイムズ・チェスタマン[弁護士]

松岡依都美(文学座)
ジーン・エヴァラード
[ルイーズの友人]

澤田考司(劇団ACM)
ヘナリー
[スプルールズの弟]


大内真智(劇団ACM)
ジョージ・メイトランド
[オーブリーの従兄弟]

【全席指定】一般3,000円、U-25(25歳以下)2,500円、高校生以下2,000円、障害手帳をお持ちの方と同伴の方1名2,500円

●・車椅子でのご来場は予約時に水戸芸術館にご連絡をお願いいたします。
●・未就学児入場不可

 
  • 14:00
  • 19:00
6月7日[金]
8日[土]
9日[日]
10日[月]
  • 休演日
  • 休演日
11日[火]
  • 休演日
  • 休演日
12日[水]
  • 休演日
  • 休演日
13日[木]
  • 休演日
  • 休演日
 
  • 14:00
  • 19:00
14日[金]
15日[土]
16日[日]
 
  •  
  •  
 
  •  
  •  
 
  •  
  •  
 
  •  
  •  

▼公演概要

公演名

遺産と誤算の狂騒曲
~華麗なるダマしあい~


会場

ACM劇場


開催日

2013年6月7日[金]~ 2013年6月16日[日]


企画制作

水戸芸術館ACM劇場


協力

茨城交通、FMぱるるん、文学座、有限会社サムライプロモーション、ネイラー,ハラインターナショナル株式会社


主催

公益財団法人水戸市芸術振興財団