-> 2017
 -> 2016
 -> 2015
 -> 2014
 -> 2013
 -> 2012
 -> 2011
 -> 2010
 -> 2009
 -> 2008
 -> 2007
 -> 2006
 -> 2005
 -> 2004
 -> 2003
 -> 2002
 -> 2001
 -> 2000
 -> 1999
 -> 1998
 -> 1997
 -> 1996
 -> 1995
 -> 1994
 -> 1993
 -> 1992
 -> 1991
 -> 1990
(表示は年度毎)

終了

萬狂言水戸公演2012

プレ・パフォーマンストーク/「入間川」「宗論」

2012年12月8日[土]

■招聘公演

【全席指定】S席4,000円、A席3,000円、B席2,000円、団体(10名様以上/S席のみ)3,600円

●未就学児入場不可

【出演】野村萬、野村万蔵 ほか

“萬狂言”は、300年の歴史と伝統を持つ和泉流狂言の名家、野村万蔵家一門を中心に結成された狂言グループです。今年6月にACM劇場で上演された英国コメディ『キャッシュ・オン・デリバリー』では、当主・九世野村万蔵師が演出を担当し、大きな話題を呼びました。常に新たな試みに挑戦する“萬狂言”。今回は、『入間川』『宗論』の2作品をお贈りします。

<野村万蔵師によるプレ・パフォーマンス・トーク>
狂言をより楽しむための鑑賞講座です。
本公演のチケットでご入場いただけます。
日時:2012年12月8日(土)14:30~15:00
会場:ACM劇場[全席自由]

詳細


終了
ACM Bookmobile

ゆうくんとマットさんの
ぼくは王さま

~しゃぼん玉 de くびかざり~

2012年12月1日[土]~ 2012年12月2日[日]

■専属劇団公演

【全席自由席】おとな1,000円、中学生以下600円 

●家族割引:ご家族様3名以上のご予約で100円割引
●対象年齢:4歳以上
●上演時間:約45分

【原作】寺村輝夫
【構成】Ukm3
【出演】小林祐介・大内真智(劇団ACM)

♪「ぱーぐーぱら2tan どん!これでぼくらはともだちさ! 」
このフレーズで子どもたちに大人気の“ゆうくんとマットさん”。専属劇団ACMのメンバーの2人が、震災後、「子どもたちに元気を!」という想いから結成した、読みきかせユニットです。市内の幼稚園などでの活動を経て、ついに彼らのホームグラウンド、ACM劇場に初登場。児童文学作家・寺村輝夫の代表作「王さまシリーズ」を、ご家族やお友達、みんなでお楽しみください。

詳細


終了
劇団ACM朗読会

ウラかオモテか,オモテかウラか

2012年11月27日[火]

■演劇の教育プログラム

officePhotoStyle(佐川智伯)

●会場 東部図書館 2階 視聴覚室
●この朗読会は一般の方はご入場頂けません。
●無料

劇団ACMが地域のみなさんと学校の保護者のみなさまを対象に、朗読会を行ないます。
何の作品を上演するかはお楽しみ♪
地域のみなさん、保護者のみなさんに楽しい一時をお届け致します。

詳細


終了
ポエトリー・コンサート

堀井英男の詩画集朗読&上映会

「水から生まれる絵 -堀井英男の版画と水彩-」

2012年11月24日[土]

■演劇の教育プログラム

officePhotoStyle(佐川智伯)

●会場 茨城県近代美術館 地階講堂
●開場:14時30分
●開演:15時00分
●入場無料(当日先着順)
●定員250名

【出演・演出・映像制作】和島香太郎(映像作家)
【朗読】劇団ACM(塩谷亮、遠島立夫、澤田考司)
【朗読作品】
堀井英男が制作した詩画集
『夢のそとで』(1972年/詩:黒田三郎)
『死の淵より』(1978年/詩:高見順)
『幻花』(1983年/詩:田中清光)
【同時上映】
和島香太郎監督短編映画『小さなユリと』(原作:黒田三郎)

詳細


終了
世界遺産条約採択40周年記念 国際シンポジウム

「近世日本の教育遺産」

【地域共催事業】

2012年11月18日[日]


●13:00~17:00
●【全席自由席】入場無料

国内外の専門家を招き、近世日本の教育遺産についての講演とパネルディスカッションを行います。

来日外国人が驚くほどの高水準にあった近世日本の教育。日本の知的・文化的発展の基盤になりました。
世界遺産条約採択40周年を記念し、本シンポジウムでは、茨城県水戸市、栃木県足利市、大分県日田市が共同で調査・研究を進める「近世日本の教育遺産」というテーマについて、国際的な視点から、その価値や意義を考えます。
【講演】「世界遺産の現状と課題」
     近藤 誠一(文化庁長官)
    
    「西洋からみた近世日本の教育の特徴」
     リチャード・ルビンジャー(インディアナ大学教授)
    「東アジアにおける教育遺産の様相」
     李 相海(イ・サンヘ)(成均館大学教授)
【パネルディスカッション】
 [コーディネーター]日高 健一郎(筑波大学大学院教授)
 [パネリスト]リチャード・ルビンジャー、李 相海、五味文武(放送大学教授)、橋本 照彦(国立教育政策研究所総括研究官)、吾妻 重二(関西大学教授)
 [コメンテーター]稲葉 信子(筑波大学大学院教授)
 同時通訳/日本語・韓国語
  


終了
二兎社新作公演

こんばんは、父さん

2012年11月16日[金]

■招聘公演

【全席指定】S席6,500円、A席6,000円、B席5,000円

●お一人様2枚までのご購入となります。
●チケットは完売いたしました。当日券、立ち見券を公演当日9:30より電話受付致します。TEL:029-225-3555

【作・演出】永井愛
【出演】佐々木蔵之介、溝端淳平、平幹二朗

詳細


終了
音楽劇

ファンファーレ

MITOmix

2012年11月3日[土]~ 2012年11月4日[日]

【全席自由席】前売:一般2,500円、高校生以下1,500円、U-25(25歳以下)2,000円、障がい者割引2,000円

●整理番号つき
●受付は開演の60分前
●客席開場は開演の30分前

【脚本・演出】柴幸男(ままごと)
【音楽・演出】三浦康嗣(□□□)
【振付・演出】白神ももこ(モモンガ・コンプレックス)
【出演】坂本美雨、今井尋也、今村洋一 ほか

―街が歌いだす。
演劇からも音楽からもダンスからも、
水戸からも東京からも三重からも高知からも、
同じ距離にある新しい音楽劇。

詳細


終了

舞台技術フォーラム in 水戸 2012

2012年10月23日[火]


●10:30~15:30(開場10:00)
●全席自由/入場無料 *予約不要

公共劇場の舞台技術者などを対象に、今年6月に成立した「劇場法」についての意見交換や、東日本大震災により被災した施設からの防災に関する提言、課題などをパネルディスカッションにより討論します。

※一般の方も無料でご入場いただけます。

詳細


終了
第55回建築士会全国大会 「いばらき大会」記念講演会

「水戸徳川家を貫くもの」

【地域共催事業】

2012年10月19日[金]


●全席自由【入場無料】
●定員300名 ※先着順で定員になり次第締め切ります。
●13:00~14:30(開場12:30)

徳川ミュージアムの徳川斉正理事長が「水戸徳川家を貫くもの」を演題に講演会を行います。また、広場では「屋台村(17:30~19:30)」が開催されます。


終了
劇団ACMによる

小学生のための演劇鑑賞会

2012年10月5日[金]~ 2012年11月9日[金]

■演劇の教育プログラム

撮影:officePhotoStyle(佐川智伯)

●月曜日(休館日)にも実施致します。
●一般の方はご入場いただけません。ご了承ください。

【出演】劇団ACM

水戸芸術館専属俳優ACMが中心となって製作したオリジナルの舞台作品を、水戸市内の小学校に訪問上演します。


< prev|  1  2  3 |next >


↑このページのトップへ