plazacascade

広場

水戸芸術館の敷地は、国道50号から1本奥に入った1ブロックに位置します。このため、広場は街の中心地にありながら、大通りの喧噪から隔離された安らぎのある快適な空間になっています。一辺56mの正方形の広場は、石畳の歩道で格子状に区画され、分割されたブロックに植えられた芝生が1年を通して緑をたたえています。三方を建物で囲まれた広場の南側にある大きな3本のケヤキと、北側の巨大な石を吊ったカスケードが、広場にいきいきとした表情を与えます。この広場はフェンスがなく常に解放されており、フリーマーケットや野外コンサートなどの催し物だけでなく、市民の憩いの場として親しまれ、こどもと遊ぶ家族連れの人々、ベンチでくつろぐ人々、芝生で寝転がる人々など様々な人が訪れ交流の場所になっています。

» みんなの芸術館(広場イベントほか)を見る

カスケード

宙吊りの巨大な石に向かって勢いよく水の流れるカスケードは、広場においてひときわ目を引く場所です。このカスケードは水戸という地名にちなみ、水の要素を建築的に表現したものです。石は笠間産稲田石で重さは約27tあり、6本のワイヤーロープで吊られています。この石に向かって左右から吹き出すジェット噴水は循環式で毎分約10tの水が噴射され、緊張感ある造形と激しい水流が躍動的な光景を生み出しています。

【仕様】

形状/1辺56m の正方形
芝種/ケンタッキーブルーグラス,トールフェスク, ペレニアルライを季節に合わせて播種
カスケードの石/重さ 27t
カスケードの水/循環式 毎分10t
ケヤキの木の高さ/20m

>ライトアップに伴う噴水の運転について