tower

水戸芸術館のシンボルとして建てられた塔は、水戸市制100周年を記念して地上100mの高さになっています。1辺9.6mの正三角形で構成された正四面体を規則的に積み重ねた形態は、チタン製の外装と作用しあい、未来的なイメージを喚起させます。また、その稜線をたどっていくと、三重らせんが空に向かって上昇していくデザインは、無限に発展する水戸を象徴しています。内部は4階建ての構造になっており、地上86mにある最上部の展望室へはガラス張りのエレベーターで内部構造を見ながらのぼることができます。

【入場時間】火曜日~金曜日 9:30~18:00 土・日曜日、祝祭日 9:30~19:00
【料金】
大人200円/小中学生100 円

  • 水戸市内および笠間市・ひたちなか市・那珂市・小美玉市・茨城町・大洗町・城里町・東海村に居住の65歳以上の方は入場料免除。
  • 水戸市内および笠間市・ひたちなか市・那珂市・小美玉市・茨城町・大洗町・城里町・東海村に居住の各種障害者手帳をお持ちの方と付添いの方は入場料免除。
  • 教育活動のための入場料免除規程もございます。
  • こどもの日(2016年5月5日(木・祝))は小中学生は塔の入場が無料となります。

【仕様】

構造/鉄骨造4階建(展望室は3階、4階は機械室)
高さ/100m
展望室/高さ 86.4m 定員19名
エレベーター定員/10名
外装のチタンパネル/厚1.5mm 1辺9.6mの正三角形57枚

東日本大震災に伴う施設被害状況について

塔については、点検の結果、被害が無いことを確認いたしました。
» 水戸芸術館タワーの構造について

お問合せ

TEL.029-227-8111
※悪天候の時は中止させていただきます。