新ダヴィッド同盟

新ダヴィッド同盟について New "Davidsbuendler"

david_img
撮影:田澤 純
2010年、水戸芸術館初代館長・吉田秀和の命名により、同館の専属楽団として結成されました。
メンバーは、世界的に活躍する若手ヴァイオリニスト・庄司紗矢香を中心に、庄司の呼びかけで集まった、気心の知れた若い音楽仲間たち——佐藤俊介(ヴァイオリン)、石坂団十郎(チェロ)、小菅優(ピアノ)。それに、庄司の尊敬する室内楽の名手・磯村和英(ヴィオラ)が加わります。国際的に活躍する5人のメンバーは、世界各地から水戸に集まり、密度の濃いリハーサルを徹底的に行って演奏会に臨みます。
「ダヴィッド同盟」は、ドイツ・ロマン派の大作曲家ローベルト・シューマンが夢想した芸術グループです。異教徒ペリシテ人を知と勇気で撃退した旧約聖書の登場人物ダヴィデ(ダヴィッド)にちなみ、俗物に対抗し、新しい音楽の理想を打ち立てようとする気概がこめられています。
時を経て21世紀、「新ダヴィッド同盟」は次代を担う若い演奏家たちが中心となり、シューマンの音楽的理念に共鳴して結成されました。今、わが国で考えられる最高の顔ぶれの奏者たちによる新時代の理想的な音楽表現に、大きな注目と期待が集まっています。

メンバー紹介

庄司紗矢香(ヴァイオリン) Sayaka Shoji, Violin

david_shoji
撮影:(c) Balazs Borocz and Pilvax Studio
1999年パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクールに史上最年少、また日本人として初優勝以来、マリス・ヤンソンス、ズービン・メータ、シャルル・デュトワ、ヴォルフガング・サヴァリッシュ、チョン・ミョンフンといった名だたる指揮者のもとベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、バイエルン州立管弦楽団、ニューヨーク・フィルハーモニック、バンベルク交響楽団、ロンドン交響楽団、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団などと共演。また、リサイタル活動のほか、室内楽ではヴァディム・レーピン、ミハイル・プレトニョフ、スティーヴン・イッサーリスなどとヨーロッパ各地の音楽祭で共演。
これまでに、ドイツ・グラモフォンより6枚のアルバムをリリース。また今春には、J.S.バッハとレーガーの無伴奏作品を集めた2枚組のアルバムを、Mirareレーベルからリリースした。
99年度都民文化栄誉章、2000年出光音楽賞を受賞。また、09年の大阪フィルハーモニー交響楽団およびNHK交響楽団とのリゲティ〈ヴァイオリン協奏曲〉の演奏が評価され、第60回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞した。使用楽器は、上野製薬株式会社上野名誉会長より貸与の1729年製ストラディヴァリウス“レカミエ”。


佐藤俊介(ヴァイオリン) Shunsuke Sato, Violin

david_sato
撮影:(c) 武林久憲
高い技術と豊かな音楽性を磨き、ニューヨーク、フィラデルフィアを経て、現在ヨーロッパを拠点にキャリアを築く国際派。弱冠9歳でフィラデルフィア管弦楽団の学生コンクールで優勝。NHK交響楽団を含む日本の主要オーケストラに加え、バイエルン放送交響楽団、ハンブルク交響楽団、サンクトペテルブルク交響楽団など欧米の名門オーケストラと共演。ヨーロッパ各都市、アメリカ、日本などでリサイタル活動にも積極的に取り組んでいる。現在、パリからミュンヘンに拠点を移し、古楽奏法の研鑽を積んでいる。
録音においては、ナミ・レコードより「イザイ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ全6曲」、ヴァイオリン小曲集「Preludes」、「グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ集」が発売されており、グリーグのCDは第62回文化庁芸術祭レコード部門で大賞を受賞。また、最新盤CD「パガニーニ:24のカプリース」が2009年にユニバーサル・ミュージックより発売された。第15回出光音楽賞、06年アメリカ・ワシントン賞、07年度第9回ホテルオークラ音楽賞などを受賞。10年7月にはヨハン・ゼバスティアン・バッハ国際コンクールにて第2位、聴衆賞を受賞。
現在の使用楽器は2007年パリ製シュテファン・フォン・ベア(Stephan von Baehr)。


磯村和英(ヴィオラ) Kazuhide Isomura, Viola

david_isomura桐朋学園でヴァイオリンをジャンヌ・イスナール、小林健次、室内楽を齋藤秀雄に学び、1968年よりニューヨークのジュリアード音楽院に於いて、ヴァイオリンをイヴァン・ガラミアン、ヴィオラをウォルター・トランプラー、室内楽をロバート・マン、ラファエル・ヒリヤーに学ぶ。
69年秋、桐朋、ジュリアードを通じての仲間とともに東京クヮルテットを結成。70年にはインターナショナル・ヤングアーティスト・オーディションに合格、ミュンヘン国際音楽コンクール弦楽四重奏部門で1位となり、国際的な注目を集めた。同年秋に、ニューヨークでデビューリサイタルを行う。以後、クヮルテットと共に40年にわたり、ニューヨークを拠点に世界各地で演奏活動を続ける。
室内楽の指導には長年積極的に取り組み、イエール大学で教授を務める他、アメリカ、ヨーロッパ、日本で数多くの室内楽講座を行う。
東京クヮルテットがレコーディングしたレパートリーは幅広く、ハイドンから21世紀の作品に及ぶ。スイスのモントルーレコード大賞、イギリスのグラモフォン年間最優秀室内楽賞等を受賞した録音も数多く、グラミー賞には7回ノミネートされた。個人としても、ヴィオラ・ソロとソナタのCDをリリースしている。
使用楽器は、日本音楽財団より貸与の1731年製ストラディヴァリウス“パガニーニ”。


石坂団十郎(チェロ) Danjulo Ishizaka, Violoncello

david_ishizaka
撮影:(c) Marco Borggreve
ドイツ生まれ。ボリス・ペルガメンシコフ等に師事。1998年カサド、99年ルトスワフスキー、2001年ミュンヘン、02年ベルリン・フォイアーマンの各国際コンクール優勝。03年ヤング・アーティスト・オヴ・ザ・イヤー賞受賞、06年デビューCDがドイツ・フォノアカデミーのエコー・クラシック新進演奏家賞受賞。同年英国BBC放送の新進音楽家支援プログラム・アーティストに選出される。04年NHK交響楽団と共演して日本デビュー。ムスティスラフ・ロストロポーヴィッチ、ロジャー・ノリントン、ミハイル・ユロフスキー、クリシュトフ・ペンデレツキ等の指揮者、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、ベルリン、ミュンヘン等の放送交響楽団、ウィーン交響楽団、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、マリインスキー劇場管弦楽団等のオーケストラと共演。室内楽ではギドン・クレーメル、リサ・バティアシュヴィリ、ヴィヴィアン・ハーグナー、ユリア・フィッシャー、ルノー・カプソン、タベア・ツィンマーマン、シャロン・カム、ラルス・フォークト等と共演。2011年5月ドレスデン音楽大学教授に指名され10月着任。
使用楽器は日本音楽財団貸与の1696年製ストラディヴァリウス“ロード・アイレスフォード”とクロンベルク・アカデミー貸与の1997年製W.シュナーベル。


小菅 優(ピアノ) Yu Kosuge, Piano

david_kosuge
撮影:(c) Steffen Janicke
東京音楽大学付属音楽教室を経て、1993年よりヨーロッパ在住。ヨーロッパで研鑚を積みながら世界各地を訪れ、年に40カ所以上で演奏会を行っている。一流の指揮者、オーケストラとの共演や室内楽の演奏も数多い。ザルツブルクをはじめ、ラインガウ、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン、ラ・ロック・ダンテロン等の国際音楽祭への出演も多く、着実に活躍の場を広げている。高度なテクニックと美しい音色、若々しい感性と深い楽曲理解によってヨーロッパで大きな注目を浴び、「天使の翼の先端が頬に触れた瞬間を感じさせるピアニシモ」(フランクフルター・アルゲマイネ紙)など高い評価を得ている。2000年、『フォノ・フォルム』誌よりショパンの練習曲全曲録音に5つ星が与えられたほか、02年に第13回新日鉄音楽賞、04年にアメリカ・ワシントン賞、06年に第8回ホテルオークラ音楽賞、07年に第17回出光音楽賞を受賞している。
水戸芸術館では、小澤征爾指揮による水戸室内管弦楽団第75回定期演奏会などに出演し、絶賛された。その演奏会で演奏したメンデルスゾーン〈ピアノ協奏曲第1番〉は、CD(ソニー)とブルーレイ/DVD(NHKエンタープライズ)で発売されている。

協賛:株式会社ポイント
協力:全日本空輸株式会社


≫メンバーからのメッセージ はコチラから