今昔雅楽集 七夕の宴

Gagaku – Japanese Court Music – from Times Past: Feast of the Seventh Night of the Seventh Moon

2018年7月7日[土]

■オリジナル企画

チケット予約

今は昔、平安京の大内裏(だいだいり)、紫宸殿(ししんでん)と仁寿殿(じじゅうでん)の間には、屋根のない大床(おおゆか)、すなわち露台(ろだい)があり、そこでは公事(くじ)を終えた殿上人(てんじょうびと)らが集って歌い舞い、酒を飲んで楽しんだと謂われています。

〈露台乱舞(ろだいらんぶ)〉。ここに千年の時を経て、平安貴族の歌舞の宴が舞台作品となって甦りました。復曲・構成は、宮内庁楽部出身の楽師、芝祐靖(しばすけやす)。氏が音楽監督を務める当代一流の雅楽団体「伶楽舎(れいがくしゃ)」の演奏は、本来の雅楽が儀礼音楽にとどまらない、豊かな表情をもった芸術であることを、私たちに教えてくれます。

奈良時代に日本にもたらされ、平安時代に隆盛を極め、現代まで受け継がれてきた伝統音楽「雅楽」。その長い歴史のあいだには、失われたものも、決して少なくありません。東大寺正倉院には、かつて使われていたはずの様々な楽器が残されており、今日伝わる古い楽譜のなかには、伝承の途絶えた謎多き楽曲も存在しています。

現代に生きる雅楽人たちは、雅楽の源流を見直し、伝統を未来に伝えるべく、廃絶曲の復曲や新作の上演に取り組んできました。平安朝随一の横笛の名人・源博雅(みなもとのひろまさ)編纂の楽譜に記された古舞曲〈曹娘褌脱(そうろうこだつ)〉。笙奏者・宮田まゆみが古代楽器・竽(う・笙の低音楽器)のために作曲した〈滄海(うみ)〉。20世紀日本を代表する作曲家・武満徹による新作雅楽の名曲〈秋庭歌(しゅうていが)〉。今に残る古典曲と失われた音楽、そして新たに生まれた音楽。

――七夕の夜、雅楽の今と昔が出逢います。

≫ チラシ[PDF]はこちらからダウンロードできます。

【出演】伶楽舎

【演目】
芝 祐靖 復曲・構成:露台乱舞
 雑芸 白薄様
 管絃 平調音取、越天楽
 朗詠 二星
 阿音三返
 雑芸 早鬢多々良
 管絃 王昭君
 乱舞と今様 萬歳楽 池の涼しき
 雑芸 伊佐立奈牟
芝 祐靖 復曲:曹娘褌脱 より (正倉院復元楽器版)
 角調調子
 序
 褌脱
 颯踏
宮田まゆみ:滄海 (正倉院復元楽器 竽 独奏:宮田まゆみ)
武満 徹:秋庭歌

*16:45から伶楽舎メンバーによるプレトークがございます。

▼料金

【全席指定】一般3,500円 ユース(25歳以下)1,000円
●16:30開場 16:45プレトーク 17:00開演

チケットの取り扱い

水戸芸術館
・エントランスホール内チケットカウンター
・水戸芸術館チケット予約センター TEL. 029-231-8000
・ウェブ予約 http://arttowermito.or.jp/tickets/ticket.html (要登録)
e+(イープラス) http://eplus.jp (PC・携帯)
かわまた楽器店 TEL. 029-226-0351
ヤマハミュージックリテイリング水戸店 TEL. 029-244-6661

ユースチケットについて(枚数限定)

・25歳以下の方が対象のお得なチケットです(未就学児不可)。
・ご購入いただきましたご本人様のみご利用いただけます。
・当日ご入場の際には、年齢を証明するものが必要となります。
・取り扱いは水戸芸術館のみとなります。


▼プロフィール

伶楽舎 Reigakusha

雅楽の合奏研究を目的に1985年に発足した雅楽演奏グループ。音楽監督・芝祐靖。現行の雅楽古典曲以外に、廃絶曲の復曲や正倉院楽器の復元演奏、現代作品の演奏にも積極的に取り組み、幅広い活動を展開。国内各地の他、海外の主要ホールに招聘されて演奏。古典曲や現代曲、復元曲のCD等も多数録音。現代作品や古典雅楽様式の新作として、これまで湯浅譲二、池辺晋一郎、増本伎共子、西村朗、猿谷紀郎、権代敦彦、伊左治直、芝祐靖他に作品を委嘱、自主公演で初演。2002 年中島健蔵音楽賞特別賞、CD『秋庭歌一具』で02年度芸術祭レコード部門優秀賞受賞。第16回(16年度)佐治敬三賞受賞。他に、解説入りの親しみやすいコンサートを企画し、雅楽への理解と普及に努め、子どもや小中学生のためのワークショップなども数多く開催している。なお「伶楽舎」とは「伶倫楽遊舎」、即ち、楽人の祖とされる古代中国の「伶倫」に因み、雅楽の源と新しい雅楽の創造を探求する、自由な活動を目指してつけられた会名である。
国内では、国立劇場、サントリーホール等主要ホールでのコンサートの他、全国の小中学校で公演。海外では、タングルウッド(セイジ・オザワ・ホール)、ニューヨーク(リンカーン・センター、カーネギー・ホール)、ロサンゼルス(ウォルト・ディズニー・コンサートホール)、シカゴ(シンフォニー・センター)、ロンドン(クイーン・エリザベス・ホール)、アムステルダム(コンセルトヘボウ)、ケルン(ケルン・フィルハーモニー・ホール)他、約30都市で演奏。
http://www.reigakusha.com
https://www.facebook.com/reigakusha

宮田まゆみ Mayumi Miyata

笙・竽

国立音楽大学ピアノ科卒業後、雅楽を学ぶ。古典雅楽はもとより、ジョン・ケージ、武満徹、ヘルムート・ラッヘンマン、細川俊夫など現代作品の初演も多く、小澤征爾指揮サイトウ・キネン・オーケストラ、シャルル・デュトワ指揮NHK交響楽団、アンドレ・プレヴィン指揮ニューヨーク・フィル他、国内外のオーケストラと数多く共演。東京、ニューヨーク、ウィーン、ロンドンなどでのリサイタルと幅広く活躍している。2016年に行った『甦る古譜と現代に生きる笙 シリーズIII』によって17年芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。今までに芸術選奨文部大臣新人賞、中島健蔵賞、佐治敬三賞、松尾芸能賞優秀賞など受賞。国立音楽大学客員教授。伶楽舎メンバー。


▼配役

芝 祐靖 復曲・構成:露台乱舞

笙(歌):宮田まゆみ、石川 高、北村茉莉子
篳篥(歌):田渕勝彦、中村仁美、小林勝幸(萬歳楽舞)
龍笛(歌):八木千暁、笹本武志、伊崎善之、角田眞美、〆野護元(萬歳楽舞)
琵琶(歌):中村かほる(早鬢多々良舞)、中村華子
箏(歌):野田美香、平井裕子
鞨鼓、三の鼓(歌):宮丸直子
太鼓(歌):三浦礼美
鉦鼓(歌):鈴木絵理

芝 祐靖 復曲:曹娘褌脱 より (正倉院復元楽器版)

笙:北村茉莉子
竽:石川 高
篳篥:中村仁美
大篳篥:鈴木絵理
横笛:角田眞美
排簫:伊崎善之
尺八:笹本武志
琵琶:中村かほる
阮咸:中村華子
箜篌:三浦礼美
鉄絃箏:野田美香
磁鼓:田渕勝彦
方響:宮丸直子

宮田まゆみ:滄海

竽 独奏:宮田まゆみ

武満 徹:秋庭歌

[秋庭]
笙:宮田まゆみ
篳篥:中村仁美
龍笛:八木千暁
高麗笛:笹本武志
琵琶:中村かほる
箏:野田美香
鞨鼓:宮丸直子
太鼓:平井裕子
鉦鼓:〆野護元

[木魂]
笙:石川 高、三浦礼美、北村茉莉子、中村華子
篳篥:鈴木絵理、田渕勝彦
龍笛:角田眞美、伊崎善之

本公演は、東京オリンピック・パラリンピックに向けて日本文化の魅力を広く発信する「東京2020応援文化オリンピアード」に認証されました。

東京2020応援文化オリンピアード


▼公演概要

公演名

今昔雅楽集 七夕の宴


会場

コンサートホールATM


開催日

2018年7月7日[土]


主催

公益財団法人 水戸市芸術振興財団


助成

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会


お問い合わせ

水戸芸術館チケット予約センター
TEL. 029-231-8000 (営業時間 9:30~18:00/月曜休館)
※車椅子のお客様、盲導犬、介助犬同伴のお客様は、指定の座席へのスムーズなご案内のため予約時にお知らせください。
※公演の内容等は、変更になる場合があります。
※未就学児のご入場はご遠慮ください。
※公演中止の場合を除き、一度購入されたチケットの払い戻し、交換等はできませんのでご了承ください。

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会

beyond2020プログラム認証事業
beyond2020プログラムは、多様性や国際性に配慮した文化活動・事業を政府が認証し、日本文化の魅力を国内外に発信する取組です。水戸芸術館はこの取組を応援しています。