募集中

市民のためのオルガン講座
2017年度 受講生募集!!

2017年4月1日[土]~ 2017年6月4日[日]

水戸芸術館にある国産最大級のパイプオルガンを弾いてみませんか?講師は、音楽部門の元主任学芸員で、現在はオルガニストとして各地で活躍中の室住素子さん。先生のきめ細やかなご指導のもと、ぜひご一緒にパイプオルガンの魅力を味わいましょう!


★実技レッスンコース(定員5名) 
基礎から演奏法を学び、発表会に挑戦するコース。9月から半年間、じっくりオルガンを学びましょう。
<応募資格>
・オリエンテーション、レッスン、発表会に参加でき、レッスン日の14~22時の間で1時間通える。
・J.S.バッハのインヴェンションおよびソナチネ程度が演奏できる。
・自宅などに練習楽器があり、十分な個人練習ができる。
・小学4年生以上。居住地は不問。
<受講料> 50,000円(全12回)
※レッスン以外に、水戸芸術館のオルガンでの自主練習の機会も設けます。
<オリエンテーション> 7/29 [土] 18:00~

★一回体験 (定員12組)
先生のサポートを受けながら、気軽に体験できる1時間コース。ご興味にそった形でオルガンを楽しめます。
<受講料>一組につき 4,000円
※経験・年齢・居住地等は不問
※グループ(1組につき最大3名様)で参加の場合は、代表者の方がお申込みください。
※一回体験の内容は、たくさん弾くのもよし、内部見学もよし、あるいは連弾や他の楽器とのアンサンブルも可能です。ぜひご希望を申込書にご記入ください。

★スケジュール
実技レッスンコース(全12回)は、下記の日程で、14:00~22:00の間に1時間レッスンを行います。一回体験の方は、この日程のいずれかで1時間のご体験です。
<レッスン(全12回)>
9/19(火)、10/2(月)、10/30(月)、11/13(月)、11/27(月)、12/4(月)、12/18(月)
1/15(月)、2/13(火)、2/26(月)、3/5(月)、3/12(月) 
■発表会  3/18(日)13:00~(※発表会の前日夜はリハーサルを行う予定です)

<申込方法> 次の2点をご郵送または直接ご持参ください。
①申込書
②82円切手を貼った定型サイズの返信用封筒

※申込用紙は3つの方法でお受け取りいただけます。
1)当館のカウンターで直接受け取る
2)下記からダウンロードする
>申込書のダウンロードはこちら [PDF]
3)郵送で受け取る 
※82円切手を貼った定型サイズの返信用封筒にご住所・お名前を明記し、下記宛先に郵送

<募集期間> 4/1[土]~6/4[日] 必着 
※書類審査にて選考。結果は、応募者全員に郵送にてお知らせします。


▼プロフィール

室住素子 Motoko Murozumi

Organ

東京大学文学部美学芸術学科を経て、東京芸術大学音楽学部器楽科(オルガン専攻)卒業、同大学院修士課程修了。安宅賞受賞。水戸芸術館開設準備室に入り、1997年まで音楽部門主任学芸員を務めた。1993年には「市民のためのオルガン講座第1期」に対して、吉田秀和・水戸芸術館館長賞受賞。その後、オルガニストとして、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京都交響楽団、NHK交響楽団、サイトウ・キネン・オーケストラなど、オーケストラとの共演を重ねている。2010年カーネギーホールにて、小澤征爾の指揮でブリテン〈戦争レクイエム〉のオルガンを担当した。日本オルガニスト協会会員。水戸芸術館では2013年から再び「市民のためのオルガン講座」講師を務め、好評を博している。


▼公演概要

公演名

市民のためのオルガン講座
2017年度 受講生募集!!


会場

エントランスホール


開催日

2017年4月1日[土]~ 2017年6月4日[日]


申込先/問い合わせ先

水戸芸術館 「市民のためのオルガン講座」係
〒310-0063 茨城県水戸市五軒町1-6-8
☎ 029-227-8118 (10:00~18:00/月曜休館)