朴 葵姫(パク・キュヒ) ギター・リサイタル

2016年9月25日[日]

チケット予約

>出演者へのインタビュー記事はコチラからご覧ください


ギターは歌う。繊細に、しなやかに、天使のように――
ギタリストの新星・朴葵姫が奏でる、世界を吹き渡る七彩の風。

 なんて美しいのだろう……彼女の演奏にふれると、きっと誰もが忘れがたい魅力を感じることでしょう。水戸芸術館が今回お贈りするギター・リサイタルには、その類稀な才能によって国際舞台で大きな注目を集めている新世代のギタリスト、朴葵姫が登場します。
 鋭敏な指先の感覚から紡ぎ出されるのは、絹のように滑らかな音の連なり。弦を一音ずつはじいて奏でるこの楽器には難しいことを、朴葵姫はごく自然に、心に染み入る音で表現します。そして、曲全体を遥かに見渡しながら綴られる歌のなんという瑞々しさ。その音色の多彩な表情やメロディの美しい曲線に耳を澄ませば、朴葵姫が聴く人の心を惹きつけてやまない「ギターの歌姫」であることを確信せずにはいられません。
 今回のリサイタルには、前半にヨーロッパ、後半に中南米で生まれた音楽が集められました。コンサートの幕開けには、イタリア出身の作曲家スカルラッティの自由で精緻なソナタを。現在彼女が留学しているスペインからは、近代ギターの創始者とされるタレガの〈アルハンブラの思い出〉や、アルベニスがかの地の個性溢れる町々の情景を音で描いた作品たち。今まさにスペインの空気を肌で感じている朴葵姫ならではの、深い情熱や優しさ、静謐な祈りが息づいた演奏がお楽しみいただけるでしょう。そして舞台は大海を渡って中南米へ。キューバの作曲家ブローウェルによる〈旅人のソナタ〉や、バリオスがパラグアイの森の神秘を描いた、トレモロが美しい〈森に夢みる〉、そしてアルゼンチンの作曲家ヒナステラが唯一ギターのために作曲した、あらゆる技法の極致ともいうべきソナタが披露されます。
 世界の街角を想わせる色彩豊かな音の物語を、朴葵姫はギターという声を通して、生き生きと奏でることでしょう。吹き渡る風のように颯爽と、歌心たっぷりに。


【出演】
朴 葵姫(ギター)

【曲目】
スカルラッティ:ソナタ K.178, K.391
タレガ:アルハンブラの思い出
    アラビア奇想曲
    椿姫の主題による幻想曲
アルベニス:〈スペイン組曲〉作品47より 第5曲「アストゥリアス」
      組曲〈スペイン〉作品165より カタルーニャ奇想曲 
      組曲〈スペインの歌〉作品232より コルドバ
     〈スペイン組曲〉作品47より 第3曲「セビリヤ」
ブローウェル:旅人のソナタ
バリオス:森に夢見る
ヒナステラ:ソナタ 作品47

【アンコール曲】
ディアンス:タンゴ・アン・スカイ

▼料金

【全席指定】一般3,000円、ユース(25歳以下)1,000円
●13:30開場・14:00開演

チケットのお取り扱い

水戸芸術館(9:30~18:00、月曜休館)
・エントランスホール内チケットカウンター
・水戸芸術館チケット予約センター TEL. 029-231-8000

・ウェブ予約 http://arttowermito.or.jp/tickets/ticket.html (要登録)
e+(イープラス) http://eplus.jp (PC・携帯)
かわまた楽器店 TEL. 029-226-0351
ヤマハミュージックリテイリング水戸店 TEL. 029-244-6661

ユースチケットについて(枚数限定)

・25歳以下の方が対象のお得なチケットです(未就学児不可)。
・ご購入いただきましたご本人様のみご利用いただけます。
・当日ご入場の際には、年齢を証明するものが必要となります。
・取り扱いは水戸芸術館のみとなります。


▼プロフィール


▼公演概要

公演名

朴 葵姫(パク・キュヒ) ギター・リサイタル


会場

コンサートホールATM


開催日

2016年9月25日[日]


主催

公益財団法人水戸市芸術振興財団