ちょっとお昼にクラシック 池上英樹(マリンバ、打楽器)

地球は回り、いつもどこかで音楽はひびく

2014年11月24日[月]

■オリジナル企画

チケット予約

©Yuji Hori

11月の『ちょっとお昼にクラシック』は、マリンバを中心にした打楽器のコンサート。世界のいろいろな土地の音楽と、それをヒントに生まれた新しい音楽を集めました。1時間のコンサートのなかで、親しみ深い名曲にも、まったく未知の音楽にも、きっと出会うはず。

丸い地球は回りつづけて、今このときにも、どこかで音楽が鳴っている。
「そんなこの世界に想いを巡らすとき、今いるココ(此処/個々)がとても愛すべきものに思えるのです」
打楽器奏者・池上英樹はそう語ります。

池上英樹は、ジャズやロックの世界からクラシックに転進し、歌やダンスを学びつつ、それを打楽器奏法に昇華させてゆく異色のミュージシャン。さまざまな音楽を吸収してきた彼が、地球の上に息づくリズムをコンサートホールに刻みます。打楽器は、太古の時代から世界中に存在する、音楽のはじまりの記憶を宿した楽器。叩いて音を鳴らす行為は、人類にとって生きている証(あかし)だったのかもしれません。そう。生きているかぎり、私たちの心臓が脈を打ちつづけるように……。

≫ 公演チラシはこちら

【出演】
池上英樹(マリンバ、打楽器)
柴田かんな(ピアノ)

【プログラム】
J.S.バッハ:無伴奏パルティータ 第3番 ホ長調 BWV1006 より 前奏曲
ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ 第5番 より アリア
池上英樹:Mosaic(モザイク) より
  モザイク・オープニング ~ 挿入曲 ゾーン:ロード・ランナー ~ 無題〈青、黒↔燃〉 ~ 大地を叩け
ルグラン(長生 淳 編曲):シェルブールの雨傘
サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン 作品20

【アンコール】
ピアソラ:むかし、むかし(アヴェ・マリア)
モンティ:チャールダーシュ

▼料金

【全席指定】1,500円(1ドリンク付き)
●13:00開場 13:30開演(終演予定14:30頃)

チケットの取り扱い

水戸芸術館エントランスホール・チケットカウンター
水戸芸術館チケット予約センター TEL. 029-231-8000

昼クラ特典!

※サービスのご利用に際しては、本公演のチケットをご提示ください。

(1)ドリンク・サービス
コーヒーラウンジでソフトドリンクを無料で1杯サービスします。
公演当日(11/24)の営業時間内(10:00~17:30)でご利用いただけます。

(2)館内レストランからのサービス
館内レストラン「ヴェールブランシェ」のランチもしくはディナーに、10%の割引価格でご優待します。
期間:2014年11月1日(土)~11月30日(日)
※チケット1枚につき1名様有効


▼プロフィール

©Yuji Hori

池上英樹 Hideki Ikegami

マリンバ、打楽器

8歳からジャズ、ロックのドラマーとして活動。18歳の時、クラシックの世界に衝撃を受け打楽器、マリンバを始める。大阪教育大学を経て、1996年パリ国立高等音楽院、パリ国立音楽院に留学。97年第46回ミュンヘン国際音楽コンクール打楽器部門で最高位入賞を果たし、ミュンヘンJazz&Moreフェスティバル、フランス日本年記念公演、ベルリン室内楽フェスティバルなどヨーロッパで多彩な活動を展開。99年ドイツ・カールスルーエ音楽大学で打楽器を一から学び直し、この頃からベルカント唱法を打楽器に応用したテクニックを基盤とする。2001年帰国後、リサイタル、ワークショップ、コンチェルトなど全国各地で演奏活動を展開。04年、佐渡裕指揮、東京都交響楽団定期演奏会にて石井眞木〈アフロ・コンチェルト〉のソリストを務める。以後、佐渡裕と度々共演を重ねている。12年サントリーホール・サマーフェスティバル25周年記念公演クセナキス〈オレステイア〉(山田和樹指揮、ラ・フラ・デルス・バウス演出)では大きな反響を得る。13年、東京・春・音楽祭にてオール・バッハ・プログラムのリサイタルを開催。また御喜美江(アコーディオン)、佐藤美枝子(ソプラノ)との共演なども話題を呼んでいる。
その他「音楽するカラダ」と題したワークショップも好評。マリンバでの縦横無尽な音楽性や、打楽器の独創的な世界観が常に高い評価を得ている。
05年青山音楽賞、06年文化庁芸術祭音楽部門新人賞受賞。

柴田かんな Kanna Shibata

ピアノ

桐朋学園大学演奏学科ピアノ専攻卒業。同大学アンサンブル・ディプロマコース修了。2002年二期会イタリアオペラ研究会〈コジ・ファン・トゥッテ〉、二期会50周年記念演奏会〈椿姫〉などで伴奏ピアニストを務める。10年「香淳皇后をお偲びする会」においては佐藤美枝子(ソプラノ)と桃華楽堂の御前演奏を務めた。1999年よりイーストマン音楽学校夏季セミナー、2001年より浜松国際管楽器アカデミーのピアニストを務めるなど、国内外の国際的に著名な演奏家の伴奏者として、また器楽、室内楽、オペラ、声楽のアンサンブル・ピアニストとして活躍中。小橋稔作品の日本初演を手掛け、04年、07年には小橋稔作品によるリサイタル、10年にはリストの作品を中心としたリサイタルを開催。池上英樹(打楽器)とは07年より、富士山河口湖音楽祭のマリンバ・リサイタル、むらいこうじ演出〈真夏の夜の夢〉、NHK-FM「名曲リサイタル」などで共演を重ねる。


▼公演概要

公演名

ちょっとお昼にクラシック 池上英樹(マリンバ、打楽器)


会場

コンサートホールATM


開催日

2014年11月24日[月]


主催

公益財団法人 水戸市芸術振興財団


協力

(株)エディファミリー


お問い合わせ

水戸芸術館チケット予約センター
TEL. 029-231-8000 (営業時間 9:30~18:00/月曜休館)
※公演の内容等は、変更になる場合があります。
※未就学児のご入場はご遠慮ください。
※公演中止の場合を除き、一度購入されたチケットの払い戻し、交換等はできませんのでご了承ください。