-> 2017
 -> 2016
 -> 2015
 -> 2014
 -> 2013
 -> 2012
 -> 2011
 -> 2010
 -> 2009
 -> 2008
 -> 2007
 -> 2006
 -> 2005
 -> 2004
 -> 2003
 -> 2002
 -> 2001
 -> 2000
 -> 1999
 -> 1998
 -> 1997
 -> 1996
 -> 1995
 -> 1994
 -> 1993
 -> 1992
 -> 1991
 -> 1990
(表示は年度毎)

終了

クリスマス・プレゼント・コンサート2003

2003年12月23日[火]17:00-  

■オリジナル企画

【全席指定】A席3,000円 B席2,000円
●開場16:30 開演17:00

今年のクリスマスコンサートは、ヨーロッパと日本の伝統美の大競演となります。多彩なレパートリーをもつピアニスト小原孝が芸術館のステージに初めて登場します。

【企画・おはなし】
畑中良輔

【出演】
小原孝、中村佳代(ピアノ)
会沢明美(ソプラノ)
青山恵子(メゾ・ソプラノ)
小野勉(テノール)
堀野浩史(バス)
佐野奈三江(三絃)
岡村慎太郎(箏)
横田鈴琥(尺八)
倉田涼子、仲田明子(お点前)
あひる会合唱団(合唱)
鈴木良朝(合唱指揮)
山田陽子(ピアノ)
福冨由加里(オルガン)

【曲目】
ピアノようたえ!<小原孝の世界>
(ピアノ:小原孝)

KEIKO Carmenの贈り物
ビゼー:歌劇<カルメン>より“ハバネラ”“セギディーリャ”“ジプシーの唄”
(メゾ・ソプラノ:青山恵子 ソプラノ:会沢明美 ピアノ:小原孝 鼓:河内節子 三絃:杵家七三 尺八:竹井誠)

滝廉太郎 没後100年に
<荒城の月><荒磯(徳川光圀詩)>
組曲「四季」 <花><納涼><秋の月>
ピアノ独奏曲
<メヌエット><憾>
(ソプラノ:会沢明美 メゾ・ソプラノ:青山恵子 テノール:小野勉 バス:堀野浩史 ピアノ:小原孝 オルガン:福冨由加里)

一期一会のおもてなし
茶音頭(菊岡検校曲)-三曲合奏とお点前による-
(三絃:佐野奈三江 箏:岡村慎太郎 尺八:横田鈴琥 お点前:[関口社中]倉田涼子、仲田明子)

聖夜に捧げる現代の祈り
メシアン:<幼子イエスに注ぐ20のまなざし>より
Ⅰ.父なる神のまなざし
ⅩⅣ.天使たちのまなざし
(ピアノ:中村佳代)

母から子へ、受け継がれる歌の宝物-二つの愛唱歌と作曲家による変奏曲-
山田耕筰:<からたちの花>
成田為三:<浜辺の歌>
(ソプラノ:会沢明美 メゾ・ソプラノ:青山恵子 ピアノ:小原孝)

クリスマスを迎えて-賛美の大合唱
グレゴリオ聖歌<アヴェ・マリア>
ビクトリア:モテット<アヴェ・マリア>
          <おお大いなる神秘>
<あら野のはてに>
<オー、ホーリー・ナイト>
(合唱:あひる会合唱団 指揮:鈴木良朝 ピアノ:山田陽子)


終了
水戸の街に響け!

300人の≪第九≫

2003年12月21日[日]12:00-/13:30-  

■オリジナル企画

●入場無料
●1回目11:30開場 12:00開演
●2回目13:00開場 13:30開演

1999年、2000年と2年連続で広場で公演を行い、大好評をいただいたあの300人の≪第九≫が帰ってきます。ドイツの楽聖ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770~1827)が残した9曲の交響曲は、<英雄><田園>など、それぞれが意義深く、個性的な光を放つ作品ばかりですが、とりわけ<第九番>は、作曲家の交響曲創作の総決算とも言える傑作です。終楽章に独唱と合唱が加わるのがユニークで、シラーの頌歌「歓喜に寄す」をテキストに人類の理想的なあり方が高らかに歌われます。
この終楽章を水戸芸術館の≪第九≫では、一般公募の方々を中心とした300人以上の大合唱でお聴かせします。本番では、美しく力強いハーモニーが師走の水戸の街に響き渡ることでしょう。2003年の思い出とともに、ぜひお聴きいただきたい公演です。

【総監督】
畑中良輔

【指揮】
鈴木良朝

【出演】
結城滋子(ソプラノ)、小林由佳(アルト)、井ノ上了吏(テノール)、清水良一(バリトン)
小林由佳、武元彩子(エレクトーン)、中村真由美、中村佳代(ピアノ)、中村文彦(ティンパニ)
一般公募による参加者、茨城県合唱連盟、水戸市合唱連盟

【曲目】 
ベートーヴェン:交響曲 第9番 ニ短調 作品125より 第4楽章


終了

パイプオルガン・プロムナード・コンサート2003-2004.12月~2月

2003年12月14日[日]~ 2004年2月22日[日]

■音楽の教育プログラム

●会場 エントランスホール
●開催日:12/14[日]、20[土]、27[土]
1/24[土]、25[日]
2/1[日]、8[日]、22[日]
●開演時間:土曜日13:30/15:00 日曜日12:00/13:30
※1/25[日]は12:00/13:00
●入場無料

<クリスマス・スペシャル>
12/24[水] 16:00/18:00
バリトン:マイケル・ディーン・マクレイン/合唱指揮:齋藤由美子
合唱:県立水戸第二高等学校コーラス部/オルガン:福冨由加里
曲目:ジョン・レノン&オノ・ヨーコ:ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)ほか

「オルガン名曲ライブラリー3」
<バッハ以前の作曲家たち(北ドイツ・オランダ篇)(1)>
1/31[土] 13:30/15:00 オルガン:椎名雄一郎


終了

ミト・デラルコ 第6回演奏会

-新ヴァイオリニスト、ソフィー・ジェントを迎えて-

2003年12月13日[土]18:30-  

■オリジナル企画

【全席指定】A席3,000円 B席2,000円
●開場18:00 開演18:30

美しいヴァイオリニスト、ソフィー・ジェントを迎えて再スタートを切るミト・デラルコ。オーストラリアに生まれ、現在はオランダを舞台に活躍する若き俊英の参加によってリフレッシュしたサウンドをお楽しみ下さい。

【出演】
寺神戸亮、ソフィー・ジェント(ヴァイオリン)
森田芳子(ヴィオラ)
鈴木秀美(チェロ)

【曲目】
ハイドン:弦楽四重奏曲 ニ長調 作品71の2 Hob.Ⅲ-70 <アッポーニ四重奏曲 第2番>
モーツァルト:弦楽四重奏曲 第20番 ニ長調K.499<ホフマイスター>
ハイドン:弦楽四重奏曲 ト長調 作品76の1Hob.Ⅲ‐75<エルデーディ四重奏曲 第1番>


終了

水戸室内管弦楽団 第56回定期演奏会

2003年11月22日[土]18:30-  23日[日]14:00-  

【全席指定】S席7,000円 A席5,500円 B席4,000円 第55回とのセット券あり
●11月22日[土]開場18:00 開演18:30
●11月23日[日]開場13:30 開演14:00

水戸室内管弦楽団との2度の共演で絶妙のコラボレーションを聴かせた、ベルリン・フィルの元コンサートマスター、ライナー・クスマウル。自身の独奏による<ヴァイオリン協奏曲 第3番>を含む期待のモーツァルト・プログラムです。

【ゲスト・コンサートマスター&ヴァイオリン独奏】
ライナー・クスマウル

【曲目】
<オール・モーツァルト・プログラム>
歌劇<フィガロの結婚>K.492より 序曲
ヴァイオリン協奏曲 第3番 ト長調 K.216
(ヴァイオリン独奏:ライナー・クスマウル)
セレナード 第7番 ニ長調 K.250(248b)<ハフナー>


終了

水戸室内管弦楽団 第55回定期演奏会

2003年11月8日[土]18:30-  9日[日]14:00-  

【全席指定】S席8,000円 A席6,000円 B席4,500円 第56回とのセット券あり
●11月8日[土]開場18:00 開演18:30
●11月9日[日]開場13:30 開演14:00

アムステルダム・バロック管弦楽団の指揮者として、またチェンバロ、オルガン奏者として活躍するバロック音楽の巨匠が、水戸室内管弦楽団と共にシューベルトの名作に挑みます。コープマンとたびたび共演しているメルテンスの独唱による<4つの歌曲>も注目されます。

【指揮】
トン・コープマン

【ゲスト】
クラウス・メルテンス(バリトン)

【曲目】
<オール・シューベルト・プログラム>
交響曲 第5番 変ロ長調 D.485
管弦楽伴奏による歌曲(レーガー編曲)
 音楽に寄せてD.547
 竪琴弾き(3曲) D.478-480
 魔王 D.328
 (バリトン独唱:クラウス・メルテンス)
交響曲 第7(8)番 ロ短調 D.759<未完成>


終了
バロック・ダンス・プロジェクト

ヴェルサイユの舞踏会

2003年10月25日[土]18:30-  

■オリジナル企画

【全席指定】S席7,000円 A席5,000円 B席3,500円 S席ペア・シート:12,000円
●開場18:00 開演18:30

スペインの天才的舞踊家、アナ・イエペスと、英国きっての古楽奏者たちが、ルイ14世時代のヴェルサイユ宮廷舞踊の栄光を現代に甦らせます。

【演出・振付】
アバ・イエペス

【音楽監督】
リチャード・ブースビー

【出演】
スージー・ル・ブラン(ソプラノ)
アナ・イエペス・ダンス・カンパニー
アンサンブル・リチャード・ブースビー

【第1部:舞踏会の夕べ】
[宮廷舞踏会]
リュリ:歌劇<アルミード>より
      序曲
      ガヴォット(振付:不詳)

ボカン:クーラント―ラ・ボカンヌ(振付:不詳)
マレ:歌劇<アルシッド>より メヌエット(振付:ペクール)
ル・カミュ:あなたの冷たい仕打ちに
ジェルヴェ:音楽劇<メデューズ>より ブレーラ・サヴォワ(振付:ペクール)
デマレ:歌劇<ディドン>より リゴドン(振付:不詳)
カンプラ:歌劇<テレマック>より パスピエ/ガヴォットーラ・ブルターニュ(振付:ペクール)
パーセル:劇音楽<貞淑なる妻>より コントルダンス(振付:ペクール)
ル・カミュ:夜を引き留めてください

[ペクールのベスト・シアター・ダンス]
リュリ:歌劇<ペルセ>より 第1と第2のアントレ
デトゥシュ:歌劇<カリロエ>より ミュゼット
デマレ:歌劇<ディドン>より カナリ  (以上振付:ペクール)

ランベール:あなたの蔑みはいつも

リュリ:歌劇<アルミード>より パッサカイユ
マレ:スペインのフォリーア   (以上振付:ペクール)

リュリ:宮廷バレ<アモルの勝利>より アポロンのアントレ(振付:フイエ)

【第2部:宮廷での上演】[ジャン=バーティスト・リュリ:コメディ・バレ<町人貴族>からの抜粋]
リュリ:コメディ・バレ<町人貴族>より
      序曲
      夜も昼も悩み―リトルネッロ
      恋の王国では心が―リトルネッロ
      第1の幕間劇
      エール、サラバンド、ブーレ、ガイヤルド、カナリ(振付:イエペス)
      第2の幕間劇
      仕立て屋の小僧の第1・第2エール

[諸国の人々のバレ]
フランス人たち 第1のメヌエット(振付:イエペス)
          ああ、美しいこの木陰
          第2のメヌエット(振付:イエペス)

イタリア人たち リトルネッロ
          心を厳しい鎧に包み
          リトルネッロ
          けれどもこの悩みは
          スカラムーシュのアントレ(振付:イエペス)
          アルルカンのシャコンヌ(振付:ラ・モンターニュ)

スペイン人たち 第1のエール―サラバンド(振付:ペクール)
          悩みふける者に
          第2のエール―ルール(振付:ラベ)
          報いられる恋なら
          第2のエール―ルール(振付:イエペス)
          さあ、祭りだ
          さあ、祭りだ(踊りと歌による)(振付:イエペス)           


終了

畑中良輔の<日本の歌>セミナー第3期
「別宮貞雄」

2003年10月19日[日]14:00-  

■オリジナル企画

【全席自由席】1,500円
●開場13:45 開演14:00

日本の声楽指導の第一人者、畑中良輔による日本歌曲セミナー。
今年度第2回は、歌曲集「淡彩抄」を中心に、別宮貞雄の作品を研究します。

【企画・講師】
畑中良輔

【出演】
小泉恵子(ソプラノ)
田中直子(ピアノ)

【研究曲】
別宮貞雄:歌曲集<淡彩抄>(大木惇夫 詩) 
       さくら横ちょう(加藤周一 詩)
        


終了

佐藤 篤 ピアノ・リサイタル

2003年10月18日[土]16:00-  

■茨城の演奏家による演奏会

【全席自由席】3,500円
●開場15:30 開演16:00

茨城大学教授であり、県内外で演奏活動をくり広げるピアニスト佐藤篤が、20世紀のピアノ曲にスポットをあてるリサイタルです。

【出演】
佐藤 篤(ピアノ)

【曲目】
イベール:物語
       1.金の亀の番人
       2.かわいい白ろば
       3.老乞食
       4.浮気娘
       5.悲しみの家で
       6.見捨てられた宮殿
       7.バボ・ラ・メーサ(机の下で)
       8.ガラスの籠
       9.水売り女
       10.バルキの行列

カバレーフスキイ:ソナチネ 第1番 ハ長調 作品13の1
ヒナステーラ:クリオージョ舞踊組曲 作品15
プーランク:主題と変奏

ダラピッコラ:アンナリベラの音楽帳
          1.シンボル
          2.アクセント
          3.第1対立
          4.リニア
          5.第2対立
          6.フレジ
          7.アンダティーノ・アモローソ(第3対立)[逆行カノン]
          8.リズム
          9.色彩
          10.陰影
          11.行詩

プロコーフィエフ:ピアノ・ソナタ 第7番 変ロ長調 作品83


終了

斑目加奈 トランペット・リサイタル

2003年10月4日[土]16:00-  

■茨城の演奏家による演奏会

【全席自由席】2,500円
●開演15:30 開場16:00

「茨城の名手・名歌手たち」に2度出演し、現在フリー演奏者として茨城県の音楽文化の普及に力を注いでいる若きトランペッターの登場。20世紀作品を中心とした意欲的な曲目を携えて水戸芸術館初リサイタル。

【出演】
斑目加奈(トランペット)
本荘玲子(ピアノ)

【曲目】
ヒンデミット:トランペットとピアノのためのソナタ
ショパン:ノクターン ヘ長調 作品15の1
 (ピアノ独奏:本荘玲子)
ハルトゥニヤン(アルチュニアン):トランペット協奏曲
ヘーネ:<スラヴ幻想曲>
ガーシュウィン:3つの前奏曲から 第1番 変ロ長調
 (ピアノ独奏:本荘玲子)

バーンスタイン(奥村健介編曲):<ウェスト・サイド物語>から
 マリア/トゥナイト/ひとつの手ひとつの心/アメリカ/サムホエア           


< prev|  1  2  3  4 |next >


↑このページのトップへ