-> 2017
 -> 2016
 -> 2015
 -> 2014
 -> 2013
 -> 2012
 -> 2011
 -> 2010
 -> 2009
 -> 2008
 -> 2007
 -> 2006
 -> 2005
 -> 2004
 -> 2003
 -> 2002
 -> 2001
 -> 2000
 -> 1999
 -> 1998
 -> 1996
 -> 1995
 -> 1994
 -> 1993
 -> 1992
 -> 1991
 -> 1990
(表示は年度毎)

終了

高校生ウィーク:
H.T.P.特別講座「現代美術のABC」

1993年12月12日[日]   18日[土]  

■美術の教育プログラム

終了

高校生ウィーク

1993年12月7日[火]~ 1994年2月13日[日]

■美術の教育プログラム

高校生と同年代を対象としたギャラリー無料招待月間。若い世代に美術館や現代美術に親しむ機会を提供するために、1993年から始まった継続事業です。

詳細


終了

夏のワークショップ ´93:奇々怪々楽器団

1993年8月3日[火]   4日[水]   5日[木]   10日[火]   11日[水]   12日[木]   17日[火]   18日[水]   19日[木]   20日[金]  

■美術の教育プログラム

小学生5・6年生および中学生を対象としたワークショップです。参加者は水道用のパイプなど、身辺の材料を用いてそれぞれのオリジナル楽器を制作した後、コンダクション(アメリカの音楽家、ローレンス・D・ブッチモリスが開発した楽譜をまったく使わずに、指揮者の身振りや手振りによる合図に対応する動作をあらかじめ決めて合奏する方法)による演奏を学び、最後は水戸芸術館のホールでコンサートを開催します。

詳細


終了

実験伝達ワークショップ:19番目の彼女の足

1993年8月1日[日]~ 1993年10月11日[月]

■美術の教育プログラム

曽根裕 《19番目の彼女の足》
photo:安斎重男

ムカデから想起された連結一輪車型の作品=「19番目の彼女の足」を制作し、公募で集まったスタッフとともに、公開パフォーマンスとしてこれを動かす実験を行います。

詳細


終了

ワークショップ:トロバール・クリュス

1993年2月13日[土]   14日[日]   3月6日[土]  

■美術の教育プログラム

終了

高校生ウィークについて

1993年~ 2018年

■美術の教育プログラム

1993年に開始した高校生と同年代の方が対象の展覧会招待企画です。展覧会と連動したワークショップや地域からの提案企画など、日々さまざまなプログラムが行われるカフェの運営も若い世代が担います。現在はアーティストなどが支援する「ブカツ」の活動も加わり、展覧会、そしてカフェでの学校、地域、世代を越えた交流を通じて、若い世代に多様な人と価値観に出会う機会を提供しています。

これまでの活動から生まれた記憶や物語を集め記録をつくる
特設サイト「高校生ウィーク アーカイ部」 http://arttowermito.or.jp/hssw/


< prev|  1 | next >


↑このページのトップへ