予告
創作と対話のプログラム

アートセンターをひらく 第I期

2019年3月2日[土]~ 2019年5月6日[月]

■企画展
砂連尾理「とつとつダンス part2-愛のレッスン」2014 撮影: 森真理子

●作家:呉夏枝、ハロルド・オフェイ、砂連尾理、末永史尚、潘逸舟、毛利悠子、エマニュエル・レネほか多彩なゲスト作家
●入場料:無料

「創作と対話」をテーマとする本企画は、展覧会に代わって、次の3つの要素で構成されます。
一部プログラムを除き、無料でご入場いただける特別企画です。
①招聘アーティストによる滞在制作
②パフォーマンスや映画、座談会といった多彩なパブリック・プログラム(週末/祝日のみ)※詳細は後日発表
③カフェ(休館日を除いて毎日オープン)

 まず、期間中ギャラリー内に特設されるカフェが、みなさんをお迎えします。会期を通して、お子さんが自由にお絵描きできるコーナーや、高校生向けの部活動、書棚や手芸コーナー等が常設され、赤ちゃん連れからシニアまで、障害のある人もない人も、美術が好きな人もそうでない人も、気軽にお過ごしいただけます。そして、週末や祝日には、アーティストによるパフォーマンスを間近で見たり、映画を観たあと座談会で語り合ったり、さまざまなプログラムをお楽しみいただけます。
 本企画は、国内ではあまりない「現代美術センター」の独自性を改めて探ることを目的としています。作品の収集と展示を主な目的の一つとする美術館と異なり、斬新な活動や作品のプロデュースを行うアートセンターに、今どのような役割が求められているでしょうか。創作と活動の現場で、アートセンターという場がもつ可能性について対話を重ねていきます。
 なお、本プログラムの第Ⅱ期は、第Ⅰ期の成果発表となる予定です。


▼開催概要

展覧会名

アートセンターをひらく 第I期


会場

水戸芸術館 現代美術ギャラリー


開催日

2019年3月2日[土]~ 2019年5月6日[月]


開館時間

10:00~18:00 *入場は17:30まで


休館日

月曜日 *ただし、4/29(月・祝)は開館


主催

公益財団法人水戸市芸術振興財団


後援

ブリティッシュ・カウンシル


助成

公益財団法人三菱UFJ信託地域文化財団


企画

竹久侑(水戸芸術館現代美術センター主任学芸員)


企画補佐

後藤桜子(水戸芸術館現代美術センター アシスタント・キュレーター)




予告
■関連プログラム
アートセンターをひらく 第I期

砂連尾理「変身」ワークショップ 説明会

2019年1月26日[土]

ダンサーで振付家の砂連尾理は、近年、障害のある人や高齢者、妊婦などとくにダンス経験のない人たちとの身体を使ったワークショップに取り組んでいます。水戸では、「変身」をテーマに、怪我や老い、障害、性などについて幅広く語り合い、その対話を身体表現へと転換していく長期ワークショップを2019年3月から1年近くかけて行い、発表を目指します。このワークショップの説明会を開きます。

詳細