終了

3.11以後の建築

2015年11月7日[土]~ 2016年1月31日[日]

■企画展
伊東豊雄+乾久美子+藤本壮介+平田晃久+畠山直哉《陸前高田の「みんなの家」》
Photo: HATAKEYAMA Naoya

 2011年3月11日に起きた東日本大震災は、建築家と建築界に大きな意識の変化をもたらしました。津波の圧倒的な破壊力に、建築物を強化するだけでは解決できない問題を突きつけられると同時に、人と人との繋がり、地域と人の関係といったソフト面からのアプローチがいかに大事かを考えさせられたのです。さらに未曾有の惨事となった原発事故はエネルギー問題に対しての意識と危機感を急激に高め、環境やエネルギーとの関係に配慮した設計が、今までに増して切実に求められるようになりました。さらにマクロに見ると、少子高齢化に向かい、住宅や公共施設がだぶつくと言われるこれからの日本において、建築家がどのような役割を果たし、どのような未来を描こうとするのか、批判と期待の両方をもって問われるでしょう。
 こうした社会の変化に自分なりの考え方や手法で向き合う21組の建築家の取り組みを紹介する本展は、昨年11月より金沢21世紀美術館で開催された「3.11以後の建築」展(2014年11月1日~2015年5月10日) の巡回展となります。水戸芸術館現代美術ギャラリーでは、東日本大震災の被災地でもある水戸にローカライズした展示を加えるとともに、金沢での展示から1年を経て進展のあった参加建築家のプロジェクトのその後も盛り込んだ、「3.11以後の建築」展をアップデートしたものとなります。

【ゲスト・キュレーター】
五十嵐太郎
1967年フランス・パリ生まれ。東京大学工学部建築学科卒業、東京大学大学院修士課程修了。博士(工学)。2009年から東北大学教授。2008年ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展日本館コミッショナー。あいちトリエンナーレ2013の芸術監督、「戦後日本住宅伝説展」監修をつとめる。著書に『被災地を歩きながら考えたこと』(みすず書房)、『現代日本建築家列伝』(河出書房新社)、『3.11/After 記憶と再生へのプロセス』(監修、LIXIL 出版)など。
山崎亮
1973年愛知県生まれ。大阪府立大学農学部卒業、大阪府立大学大学院修了、東京大学大学院博士課程修了。2005年にstudio-Lを設立、現在同代表。東北芸術工科大学教授(コミュニティデザイン学科長)、慶應義塾大学特別招聘教授。主な著書に『コミュニティデザイン(学芸出版社)』、『ソーシャルデザイン・アトラス(鹿島出版会)』、『コミュニティデザインの時代(中公新書)』、『まちの幸福論(NHK出版)』などがある。

【参加建築家】
1. みんなの家
出品建築家:伊東豊雄+乾久美子+藤本壮介+平田晃久+畠山直哉
2. 災害後に活動する
出品建築家:坂茂、東日本大震災における建築家による復興支援ネットワーク[アーキエイド]、トラフ建築設計事務所+石巻工房、はりゅうウッドスタジオ、日建設計ボランティア部
3. エネルギーを考える
出品建築家:三分一博志、竹内昌義+馬場正尊+東北芸術工科大学、山梨知彦+ 羽鳥達也+ 石原嘉人+ 川島範久(日建設計)
4. 使い手とつくる
出品建築家:青木淳建築計画事務所+十日町市民有志、新居千秋、乾久美子、工藤和美+藤村龍至+東洋大学ソーシャルデザインスタジオ
5. 地域資源を見直す
出品建築家:403architecture[dajiba]、バスアーキテクツ
6. 住まいをひらく
出品建築家:光嶋裕介、成瀬・猪熊建築設計事務所、ブルースタジオ
7. 建築家の役割を広げる
出品建築家:岡啓輔、東京R 不動産、西村浩+ワークヴィジョンズ


▼作品図版

東日本大震災における建築家による復興支援ネットワーク[アーキエイド]震災復興に向けての住民からのヒアリング風景(横浜国立大学大学院 Y-GSA小嶋一浩スタジオ、宮城県牡鹿半島鮎川浜)

乾久美子《延岡駅周辺整備》


バスアーキテクツ《えんがわオフィス》 Photo: TAJIRI Teruhisa (『EMAC』Vol.2より転載)

岡啓輔《蟻鱒鳶ル》 Photo: TAKANO Ryudai


はりゅうウッドスタジオ 《縦ログ構法パネル》 Photo: FUJITSUKA Mitsumasa


▼開催概要

展覧会名

3.11以後の建築


会場

水戸芸術館 現代美術ギャラリー


開催日

2015年11月7日[土]~ 2016年1月31日[日]


開館時間

9時30分~18時(入場時間は17時30分まで)


休館日

月曜日、年末年始12月27日(日)~1月4日(月) ※11月23日、2016年1月11日(月・祝)は開館、11月24日、2016年1月12日(火)は休館


入場料

一般800円、前売り・団体(20名以上)600円
中学生以下、65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料
【一年間有効フリーパス】
「ハイティーンパス」(15歳以上20歳未満 ):1,000円
・「おとなのパス」(20歳以上):2,500円


主催

公益財団法人水戸市芸術振興財団


後援

茨城県


協力

アサヒビール株式会社、一般社団法人茨城県建築士会、一般社団法人茨城県建築士事務所協会、一般社団法人茨城県建設業協会、水戸市建設業協同組合


ゲストキュレーター

五十嵐太郎、山崎亮



終了
■関連プログラム
「日本の夏 1984(仮)」* プレ企画連続トークショー

第3回「佐賀町エキジビット・スペース」

80年代の現代美術

2016年1月30日[土]

当館と金沢21世紀美術館は、1980年代の日本の現代美術を検証する展覧会を共同開催する計画を進めています。それに向けて今までに2回トークショーを行いました。第3回目となる今回は、1983~2000年までの17年間、東京都江東区の食糧ビルディングにあり現代美術の幅を広げる役割を果たした「佐賀町エキジビット・スぺース」について、その創設・主宰者である小池一子さんからお話をうかがいます。日本初のオルタナティブ・スペースといわれたその活動はなにをどのようにつくりだす場であったのか、時代背景とともに考察していきます。

詳細


■関連プログラム


終了
■関連プログラム
3.11以後の建築

青木 淳 講演会・「水戸ブンシツ祭」同時開催

2016年1月24日[日]

日 時:2016年1月24日(日)14:00~16:00(13:30開場)
会 場:水戸芸術館会議場
定 員:80名(先着順・予約不要)
料 金:無料
お問合せ:水戸芸術館現代美術センター Tel.029-227-8120


磯崎 新アトリエに在籍中、水戸芸術館建設を担当した青木 淳。今年春、新潟県十日町にオープン予定のまちなか拠点施設において、「青木 淳建築計画事務所+十日町市民有志」がどのように使い手と向き合ってきたか語ります。

「水戸ブンシツ祭」同時開催
青木淳建築計画事務所十日町分室「ブンシツ」で展開されている活動を展示作品として水戸芸術館で再現する企画
≫チラシダウンロードはこちらから 【PDF】

詳細


終了
■関連プログラム
五十嵐太郎×山崎亮対談

「『3.11以後の建築』のその後」

2015年11月23日[月]  

日 時:2015年11月23日(月・祝)15:00~17:00(14:30開場)
会 場:水戸芸術館会議場
定 員:80名(先着順・予約不要)
料 金:無料


終了
■関連プログラム
西村浩レクチャー&ワークショップ

「展示室を芝生でリノベーション」

2015年12月5日[土]

ブルネル賞、アルカシア建築賞などを受賞している西村浩を迎えて行うレクチャーとワークショップ。西村氏は、佐賀市で市民とともに青空駐車場や遊休地を「原っぱ」に変えるプロジェクトを行っています。少子高齢化が進む中、地方の中心都市の再生が求められています。自動車依存の生活スタイルと、空洞化する中心市街地に増殖する青空駐車場への対応は、その中心的な課題です。水戸では、展示室に人工芝を敷くワークショップを行います。頭と体を動かしながら、まちづくりと日本の未来について考えてみませんか。

日 時:2015年12月5日(土)14:00~16:00
会 場:水戸芸術館現代美術ギャラリー内ワークショップ室、展示室8
講 師:西村 浩
定 員:40名(先着順・要申込)※定員に余裕がある場合は当日参加も可

詳細


終了
3.11以後の建築

ウィークエンド・ギャラリートーク

2015年11月21日[土]~ 2016年1月31日[日]

■美術の教育プログラム

市民ボランティアCACギャラリートーカーとともに展覧会を鑑賞します。
日 時:2015年11月21日(土)~2016年1月31日(日) 毎週土・日曜日 各日14:30~(約40分) 
※ただし2015年11月29日(日)、12月5日(土)、2016年1月9日(土)、1月10日(日)、1月24日(日)は除く。

詳細


終了
「3.11以後の建築」展関連企画+畠山直哉紫綬褒章受章記念

アート・ミーツ・シネマvol.4
『誰も知らない建築のはなし』『未来をなぞる 写真家・畠山直哉』上映

2016年1月23日[土]~ 2016年1月31日[日]

■美術の地域連携プログラム

水戸芸術館現代美術ギャラリーで開催中の「3.11以後の建築」展にあわせ、急遽2本のドキュメンタリー映画上映が実現!
『だれも知らない建築のはなし』は、水戸芸術館の設計を手がけた磯崎新が、当時まだ無名だった安藤忠雄、伊東豊雄を引き連れ参加した伝説の国際建築会議「p3会議」から現代への建築の流れを、著名建築家達へのインタビューを通して浮かび上がらせた作品。
『未来をなぞる 写真家・畠山直哉』は、先の大震災で故郷の陸前高田が被災し、母と生家を失い、震災後の表現を模索する写真家・畠山直哉に寄り添い、ズームする貴重な映像作品です。

詳細