終了

ヂョン・ヨンドゥ 地上の道のように

2014年11月8日[土]~ 2015年2月1日[日]

■企画展
思春期 #16、2011年、写真

韓国を代表する現代美術作家、ヂョン・ヨンドゥによる大規模な個展です。1969年生まれのヂョンは、2007年には韓国の国立現代美術館が主催する賞「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」に史上最年少で選ばれ、2008年にはニューヨーク近代美術館で個展が開催されるなど、国際的に高い評価を得ている現代美術作家です。
 ヂョンは写真や映像を媒介に、被写体とコミュニケーションを重ねながら作品を制作しています。子供から老人まで、一般人を被写体にしたり、彼らの記憶や未来の夢、幻想をモチーフに制作された作品は、ひとびとの夢や希望を描きだすと同時に、それらを達成することが難しい現実世界の姿も逆説的にあぶり出します。
 キャリアの初期に、ヂョンは日本で出会った人々や風景を題材に作品を制作しています。その中のひとつである写真作品〈奥様は魔女〉(2001-)は、ヂョンが各国で出会った人々に未来の夢やファンタジーについてインタビューをおこない、それらのイメージを写真で視覚化した作品です。このシリーズの中に登場するモデルのひとりは、当時水戸の高校に通っていた男子学生でした。この水戸の男子学生をモデルとした作品は2002年に制作されています。それから12年後に開催される本展をきっかけに、ヂョンは久しぶりに水戸の人々と関わりながら新作を制作しています。
 本展では、さまざまな国からの移民が地域ごとに暮らす街の特性を活かして制作された映像作品〈Six Points〉(2010)、見慣れた街の風景を映画の中のような異世界に変化させる映像のトリックを応用した〈日常の楽園〉(2010)、鑑賞者が映画の中の登場人物になった気分を味わうことができる体験型映像作品〈ドライブ・イン・シアター〉(2013)といった作品を通してヂョンの活動を紹介します。これらの作品に加え、ヂョンが水戸で出会った盲目のマッサージ師、白鳥建二が撮影している写真をもとにした映像作品、韓国を代表するマジシャン、イ・ウンギョルやジャズピアニストの小曽根真とコラボレーションした、水戸の街角を舞台に色々なハプニングがまきおこる映像作品、新世代ゴーグル型3Dデバイスで鑑賞する体験型の新作が展示されます。
 ヂョンは夢や理想と現実、過去と未来のように相反する要素を写真や映像の中で統合する一方、写真や映像といった媒体が、肉眼では見逃してしまう現実を浮き彫りにする機能を持っていることに注目しています。また、一般人を映像や写真の登場人物とすることで、映像や写真で表わされるフィクションの世界が、実は私たちの日常生活の延長線上にあることを示唆します。そしてスペクタクルなイメージや、写真や映像の虚構性が人々の注意力や心の動きにどのように作用しているのか、考察を促します。中国の文学者、魯迅による短編小説「故郷」の一節から展覧会のタイトルを引用した本展は、新しい視覚体験やウィットにとんだ映像作品を通して記憶と忘却、希望の意味を問いかけます。



【見どころ】
1. 初期作品から最新作、写真から最新の映像デバイスを使ったメディアアートまで、ヂョン・ヨンドゥの作品を一挙に公開。
2. まるで映画の中の登場人物になったかのような感覚を味わえる、体験型映像インスタレーション作品〈ドライブ・イン・シアター〉の展示。
3. 3D映像によるバーチャルリアリティ体験ができる話題のヘッドセットモニター、オキュラスリフトを使用した新作の展示。
4. 国際的なマジック大会で優勝し、ラスベガスなど世界各地で高い評価を得ているイリュージョンアーティスト、イ・ウンギョルやジャズピアニストの小曽根真が出演する水戸の市街地を舞台とした新作映像作品の展示。


▼ヂョン・ヨンドゥ プロフィール

1969年、晋州(韓国)に生まれる。 現在、ソウル在住。2007年に最年少で韓国のアーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞。ヴェニス・ビエンナーレや上海ビエンナーレといった大型国際展に多数参加。


▼作品図版

東京物語-B cameraシリーズ 2013年 二連の写真

Six Points 2010年 ヴィデオ


日常の楽園 #1-シンガポール 2010年 ヴィデオ

奥様は魔女 2002年 マルチスライドプロジェクション



▼注意

●全部の映像作品をご覧になるには2時間半程度お時間がかかります。時間に余裕を持ってご来館ください。

●3Dゴーグル型モニターを体験ができる作品は、安全上中学生未満、車酔いしやすい方、妊婦さんや体調不良の方は体験することができません。あらかじめご了承ください。


▼開催概要

展覧会名

ヂョン・ヨンドゥ 地上の道のように


会場

水戸芸術館 現代美術ギャラリー


開催日

2014年11月8日[土]~ 2015年2月1日[日]


開館時間

9時30分~18時(入場時間は17時30分まで)


休館日

月曜日 ※年末年始2014年12月27日(土)~2015年1月3日(土)
ただし11月24日、1月12日、(月・祝)は開館、11月25日、1月13日(火)休館


入場料

一般800円、前売り・団体(20名以上)600円
中学生以下、65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料
【一年間有効フリーパス】
「ハイティーンパス」(15歳以上20歳未満 ):1,000円
・「おとなのパス」(20歳以上):2,500円


主催

公益財団法人水戸市芸術振興財団


助成

KOREA FOUNDATION、芸術文化振興基金、公益財団法人吉野石膏美術振興財団


協力

アサヒビール株式会社、茨城交通株式会社、茨城オート株式会社、株式会社共和、ソウル大学音響研究室、コンバージェンス技術先端研究所インタラクティブメディアアートテクノロジーセンター、有限会社東海スチール、株式会社リサイクルパーク、clicked


企画

高橋瑞木(水戸芸術館現代美術センター主任学芸員)




終了
■関連プログラム

展覧会開催記念講演「ファンタジーとリアリティのあいだ――危機の時代の想像力」

2014年11月8日[土]  

講師:徐京植(ソ・キョンシク)(作家)
日時:2014年11月8日(土)14:00~15:30 (開場13:30)
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー内ワークショップ室
定員:先着80名
※料金は展覧会入場料に含まれます。
※レクチャーの間はワークショップで展示してある作品をご覧いただくことができません。


終了
■関連プログラム

キュレータートーク

2014年11月15日[土]  

本展企画学芸員が展覧会について話します。
日時:2014年11月15日(土)14:00~15:00
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー
※料金は展覧会入場料に含まれます。参加ご希望の方はギャラリー入口にお集まりください。


終了
■関連プログラム

シンポジウム「今、私たちの隣に誰がいるのか?」

2015年1月18日[日]  

韓国を代表する現代美術作家、ヂョン・ヨンドゥの個展開催を記念して、日韓のキュレーターによるシンポジウムを開催します。
21世紀に入り、韓国は大型国際展の開催や、アーティスト・イン・レジデンス事業の実施やキュレーターの国外派遣など、現代美術の促進に力を入れています。かたや日本では、1990年代の美術館設立ブームやバブル経済の崩壊を経て、近年は地域活性化と連動したアートプロジェクトが各地で開催されています。
その一方、東アジア全体を見てみれば、中国の現代美術がアートマーケットを中心としたグローバルなアートシーンで注目を集めると同時に、2017年に香港で開館予定の大型美術館がアジア現代美術のハブとして期待されています。
本シンポジウムでは、現代美術の現場で活躍するキュレーターを迎え、東アジア内での文化地図の変化を背景に、両国の現代美術やそれを支える施設や制度の変化について情報や問題意識を共有しながら、政治的な緊張関係を克服し、将来の協働の可能性を追求します。
※本シンポジウムのタイトルは、韓国現代小説短編集『いま、私たちの隣にだれがいるのか』(作品社)から引用しています。

日時:2015年1月18日(日)14:00~17:00(開場13:30)
会場:水戸芸術館会議場
定員:先着60名(同時通訳付き)
※料金は展覧会入場料に含まれます。

▼出演者:
飯田志保子(キュレーター)
窪田研二(キュレーター)
ソ・ジンソク(Alternative Space LOOP ディレクター)
シン・ボスル(トータルアートミュージアム チーフキュレーター)
相馬千秋(アートプロデューサー)
高橋瑞木(水戸芸術館現代美術センター主任学芸員)
チェ・キョンファ(東京都現代美術館学芸員)
チェ・ビンナ(Casco ディレクター)
ぺ・ミョンジ(Coreana Museum of Art space*C チーフキュレーター)

詳細


終了
ヂョン・ヨンドゥ 地上の道のように

先生のための無料招待週間

2014年11月12日[水]~ 2014年11月23日[日]

■美術の教育プログラム

小・中・高・特別支援学校に勤務する教職員を対象に、展覧会無料観覧期間を設けます。

【対象者】 小・中・高・特別支援学校に勤務する教職員 (図工・美術専門以外の教員/非常勤講師も可)

①無料招待期間:2014年11月12日(水)~11月23日(日)
9:30 ~18:00(月曜休館・ギャラリー入場は17:30まで)

②対話型鑑賞ツアー+教育プログラムガイダンス:11月23日(日)
14:30~16:00(14:15受付開始)先着10名

詳細


終了
日比野克彦 明後日朝顔プロジェクト水戸2014

明後日朝顔収穫祭

2014年11月23日[日]  

■美術の地域連携プログラム
■広場・エントランスホールイベントほか

夏の間、涼しげな花を咲かせた「明後日朝顔」。水戸での成長の記憶が詰まった種を収穫します。種は全国の参加地域へと届けられ、地域と地域、人と人をつなげる橋渡しとなります。また、朝顔の蔓で特大クリスマスリースも制作予定。作業のしやすい服装でご参加ください。
日時:2014年11月23日(日) 10:00~17:00 ※小雨決行
会場:広場回廊2階、水戸京成百貨店外壁
参加費:無料(予約不要)
※参加ご希望の方は回廊2階にお集まりください。

詳細


終了
ヂョン・ヨンドゥ 地上の道のように

赤ちゃんと一緒に美術館散歩

2014年11月26日[水]  28日[金]  

■美術の教育プログラム

係員が付き添い、解説付きでお子さんと一緒の鑑賞をサポートします。

対象:未就学児と保護者

詳細


終了
ヂョン・ヨンドゥ 地上の道のように

視覚に障害がある人との鑑賞ツアー「セッション!」

2014年11月29日[土]  

■美術の教育プログラム

視覚に障害がある人と見える人とが対話によるコミュニケーションをとりながら、作品を鑑賞するツアーです。

対象:一般

※定員に達しましたので募集を締め切りました。
(視覚に障害がある方は若干名受け付けます)

詳細


終了
ヂョン・ヨンドゥ 地上の道のように

プレ・スクール・プログラム2014

2014年12月3日[水]  4日[木]  5日[金]  9日[火]  10日[水]  11日[木]  12日[金]  

■美術の教育プログラム

水戸市内の幼稚園、保育園の年長クラスを対象にした鑑賞ツアーと造形ワークショップを組合わせたプログラムです。鑑賞マナーと美術の楽しみを伝えます。

詳細


終了
ヂョン・ヨンドゥ 地上の道のように

アート・ミーツ・シネマ vol.3
「月世界旅行」映画上映&アーティストトーク

2015年1月31日[土]  

Jung Yeondoo

■美術の地域連携プログラム

現代美術と映画をつなげる企画の第三弾は、ヂョン・ヨンドゥがセレクトしたジョルジュ・メリエスの映画、「月世界旅行」の上映と、アーティストトークです。映画のトリックをふんだんに使った名画を通して、ヂョンの作品のルーツをたどります。

詳細


終了
ヂョン・ヨンドゥ 地上の道のように

ウィークエンド・ギャラリートーク

2014年11月22日[土]~ 2015年2月1日[日]

■美術の教育プログラム

市民ボランティアCACギャラリートーカーとともに展覧会を鑑賞します。参加ご希望の方はギャラリー入口にお集まりください。
日時:2014年11月22日(土)~2015年2月1日(日) 毎週土・日曜日 各日14:30~(約40分)
※ただし2014年11月29日(土)、12月27日(土)、12月28日(日)、2015年1月3日(土)、1月4日(日)、1月18日(日)は除く。都合により中止になる場合がございます。

詳細