終了

鈴木康広展「近所の地球」

2014年8月2日[土]~ 2014年10月19日[日]

■企画展
《気球の人》 2014年

鈴木康広は、2001年NHKの番組「デジタル・スタジアム」で発表した映像インスタレーション《遊具の透視法》が最優秀賞を受賞以来、展覧会やデザインなどさまざまな方面で活躍しています。2003年に発表した、開いた目と閉じた目が描かれた木の葉型の紙が風によって吹き上げられ回転しながら舞い落ちるときまばたきしているように見える《まばたきの葉》は、美術館のみならず多くのパブリックスペースで人気を博し、2009年にアートディレクションを担当した羽田空港「空気の港」において発表した《出発の星座》はグッドデザイン賞を受賞しました。2010年の瀬戸内国際芸術祭では航跡をファスナーに見立てた《ファスナーの船》が話題を呼び、翌年の浜松市美術館での展覧会に際しては『パラパラマンガ商店街』など商店街や市役所でプロジェクトを行うなど美術館のスペースにとどまらずに地域や場所、空間を意識した活動を続けています。

今回の企画展「近所の地球」は、彼の代表作品と新作によって構成されます。また水戸市の商店街では「パラパラマンガ商店街 in 水戸」を展開し、水戸市街を新しい視点から表現します。
「近所の地球」は、彼の代表作《遊具の透視法》の愛称でもありますが、自分の近く=近所に身を置きつつ、もっと大きなもの=地球につながろうとする彼の制作の基本となる考えです。

鈴木は、日ごろ見逃してしまいそうなモノや自然現象を鋭い感性で別のものに見立て、スタイリッシュな作品に仕上げます。もっとも近くにあるのにふだんはあまり意識することのない地球が彼によって身近でより驚きに満ちた存在になることでしょう。


▼鈴木康広 プロフィール

Photo:Masako Nakagawa

1979年静岡県浜松市生まれ。2001年東京造形大学デザイン学科卒業。
日常のふとした発見をモチーフに記憶を呼び起こし共感を生み出す作品を制作。国内外の展覧会をはじめ、パブリック・スペースでのコミッションワーク、大学の研究機関や企業とのコラボレーションにも積極的に取り組んでいる。著書は作品集『まばたきとはばたき』(青幻舎)、『Digital Public Art in Haneda Airport 空気の港テクノロジー×空気で感じる新しい世界』(共著/美術出版社)。
武蔵野美術大学空間演出デザイン学科専任講師、東京大学先端科学技術研究センター中邑研究室協力研究員。

●鈴木康広 webはこちら


▼作品図版

《ファスナーの船》 2010年

《まばたきの葉》 2003年
photo:Katsuhiro Ichikawa
Courtesy of SPIRAL/Wacoal Art Center


《椅子の反映》 2001年

《大きな空気の人》 2009年


《日本列島の方位磁針》 2011年

《水平線を描く鉛筆》 ドローイング 2002年



▼開催概要

展覧会名

鈴木康広展「近所の地球」


会場

水戸芸術館 現代美術ギャラリー


開催日

2014年8月2日[土]~ 2014年10月19日[日]


開館時間

9時30分~18時(入場時間は17時30分まで)


休館日

月曜日 *ただし9月15日、10月13日(月・祝)は開館、
9月16日、10月14日(火)は休館


入場料

一般800円、前売り・団体(20名以上)600円
中学生以下、65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料
【一年間有効フリーパス】
「ハイティーンパス」(15歳以上20歳未満 ):1,000円
・「おとなのパス」(20歳以上):2,500円


主催

公益財団法人水戸市芸術振興財団


助成

一般財団法人地域創造


協力

アートプランニング レイ、アサヒビール株式会社、ウシオライティング株式会社、カラーキネティクス・ジャパン株式会社、株式会社ゴトー工芸、DNライティング株式会社、東京大学生産技術研究所試作工場、東京大学先端科学技術研究センター人間支援工学分野、東京大学廣瀬・谷川研究室、東芝ライテック株式会社、東洋紡株式会社、株式会社十指作、株式会社トラストシステム、株式会社中村製作所、福永紙工株式会社、水戸商工会議所、株式会社メディアタージ


会場構成

ワンダーウォール


照明計画

Plus y


企画

浅井俊裕(水戸芸術館現代美術センター芸術監督)




終了
■関連プログラム

アーティスト・トーク

2014年9月20日[土]  

鈴木康広が作品や展覧会について語ります。
日時:2014年9月20日(土)14:00~15:30
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー
*参加ご希望の方はギャラリー入口にお集まりください。料金は展覧会入場料に含まれます。予約不要。


終了
■関連プログラム
花緑♡水戸芸術館

柳家花緑×鈴木康広ギャラリートーク「お見立て」

2014年8月12日[火]

落語家の柳家花緑氏を特別ゲストにお迎えし、出品作家である鈴木康広、本展担当キュレーターとともに展示室を巡ります。
日時:2014年8月12日(火)14:00~15:30
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー
*参加ご希望の方はギャラリー入口にお集まりください。料金は展覧会入場料に含まれます。予約不要。


終了
日比野克彦

HIBINO CUP 2014

2014年8月30日[土]

■美術の地域連携プログラム
■広場・エントランスホールイベントほか

●会場 水戸芸術館 広場

アートとスポーツが一緒に楽しめる恒例のワークショップ。午前はチームごとに段ボールなどでゴールとボール、ユニフォームをつくり、午後にオリジナルのミニサッカーをして競い合います。親子やご友人同士でお楽しみいただけます。

※雨天の場合は翌日に順延

詳細


終了
鈴木康広展「近所の地球」

先生のための無料招待週間

2014年8月27日[水]~ 2014年9月7日[日]

■美術の教育プログラム

小・中・高・特別支援学校に勤務する教職員を対象に、無料で展覧会を鑑賞できる期間を設けます。期間中には学芸員のレクチャーと、グループで言葉を交わしながら作品を鑑賞する対話形式の鑑賞ツアーを行います。

≪ 展覧会無料招待期間 ≫
2014年8月27日(水)~9月7日(日)
9:30 ~18:00(入場は17:30まで)

≪ 学芸員レクチャー+対話型鑑賞ツアー ≫
2014年9月7日(日)
14:30~ 
定員:先着20名

≫申込書ダウンロードはこちらから。

詳細


終了
水戸市中心市街地活性化事業

パラパラマンガ商店街 in 水戸

2014年8月8日[金]~ 2014年10月19日[日]

■美術の地域連携プログラム

鈴木康広が水戸市中心市街地を散策し建物や商品など気になったものを「パラパラマンガ」に仕立てて、市街地の店舗に展示します。
*金沢21世紀美術館で開催する「鈴木康広「見立て」の実験室」展(9月13日(土)~11月24日(月・振))においても、「パラパラマンガ」を実施する予定です。[お問合せ]TEL.076-220-2800(金沢21世紀美術館)
会期:8月~10月
会場:水戸市中心市街地、水戸芸術館
主催:公益財団法人水戸市芸術振興財団
協力:水戸商工会議所、地元商店 など


終了
鈴木康広展 「近所の地球」

ウィークエンド・ギャラリートーク

2014年8月16日[土]~ 2014年10月19日[日]

■美術の教育プログラム

市民ボランティアCACギャラリートーカーとともに展覧会を鑑賞します。
期間:8月16日 (土)~10月19日(日) 期間中の毎週土・日曜日 各日14:30~(約40分)
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー
料金:展覧会入場料に含まれます。
※ただし、8月31日(日)、9月20日(土)は除く。

詳細