終了

拡張するファッション

2014年2月22日[土]~ 2014年5月18日[日]

■企画展
COSMIC WONDER 《COSMIC WONDER RESTAURANT》 2013年
撮影:ホンマタカシ

「ファッションは季節ごとに最新の流行情報を与えるシステムだ――これまで多くの人に、ファッションはそう受け止められてきた。新作コレクションや流行情報の量が圧倒的なあまり、人々はそこに自分の思考を挟むことを、機械的に阻止してしまってきたのかもしれない。でも実は、ファッションを入口にして、さまざまなことを語ることができる。」
(林央子著『拡張するファッション』より)

 1990年代は資生堂『花椿』誌の編集者として、2000年以降はインディペンデントな個人雑誌『here and there』の編著者として、長年ファッションやアートの世界を見つめてきた林央子。その林による著作『拡張するファッション』(スペースシャワーネットワーク、2011)は、ファッションを軸に現代的なものづくりや表現の方法を探っている国内外のアーティストたちの仕事を紹介し、多くの反響を呼びました。
 本書を元にした本展では、『拡張するファッション』に登場するアーティストたちに加え、2010年以降の新しい動向を示すアーティストを招き、アートやデザイン、出版といった複数ジャンルが出会う文化の交差点としてのファッションを紹介します。
 オートクチュールからプレタポルテ、ストリートファッションまで、人々の価値観やライフスタイルの変化に合わせて変貌を遂げてきたファッションは、もっとも敏感に時代を写す鏡のようなものと言えるでしょう。しかしその一方、グローバリゼーションのなかで、人々の欲望を常に喚起し、消費行動に導く経済のためのツールとしてのファッションの側面も目立つようになってきました。1990年代にパリコレクションを取材した林は、こうした消費産業としてのファッションのシステムに批判的なデザイナー/アーティストに注目し、従来の服飾デザインとは異なる彼らの創作活動を独自の視点で紹介してきました。
 本展では、ファッションを人々がささやかな日常生活の中で美的感覚を養い、生き方や考え方を他者に対してコミュニケートするための手段と考え、パフォーマンスやワークショップの手法を取り入れているアーティストの活動や、彼らと関わりのあるフォトグラファーや現代美術家の作品を展示します。
 会場では、1990年代にドキュメンタリーとしてのファッション写真を発表したホンマタカシによる当時を再構成する新作展示、『Purple』、『here and there』、Nievesといったインディペンデント出版活動の動向が概観できる服部一成デザインによる展示コーナー、小説家また映画監督としても活躍するミランダ・ジュライの初期の映像作品、青木陵子、長島有里枝、スーザン・チャンチオロ、COSMIC WONDER、BLESS/小金沢健人、神田恵介×浅田政志によるインスタレーションの展示のほか、FORM ON WORDSによる実際に洋服をつくるプロセスを体験するワークショップも開催されます。 
 従来のファッション展とは異なる、洋服を着たマネキンのいない本展は、「ファッション」と人とのオルタナティブな関係を探ります。


▼展示構成ならびに参加アーティスト

ホンマタカシ《ヒステリックグラマー 1997》 1997年

1.越境は写真から始まった ― ストリート、ファッション、ドキュメンタリー

ホンマタカシ

1990年代にドキュメンタリーフォトの手法を用い、従来のファッション写真に新風をもたらしたホンマによる、現在の視点で当時を再構成する展示です。

2.DIYメディア ― 実験的な制作精神

1990年代に普及したパソコンは、グラフィックデザインやインディペンデントな編集の可能性を飛躍的に拡大し、従来のマスコミ主体のメディアのあり方に変革をもたらしました。グラフィックデザイナーの服部一成が構成したこのコーナーでは、初期の『Purple』、『here and there』、Nievesといった個性的なインディペンデント出版活動を紹介します。

ミランダ・ジュライ《アトランタ》
1996年

3.ガーリームーブメント再考 ― 日常への視点、自発性、複数の表現手段

ミランダ・ジュライ、青木陵子、長島有里枝

ライオット・ガール(怒れる少女たち)に代表されるフェミニズムとも関連する文化の一動向であった「ガーリー」は、とりわけ日本ではファッションや音楽の消費促進のために濫用される用語になってしまいました。このセクションでは、ガーリームーブメントの本来的な特徴である「日常への視点」、「自発性」、「複数の表現手段」に焦点をあて、ガーリーという美学とその成熟を考察してみます。

COSMIC WONDER
《COSMIC WONDER RESTAURANT》 2013年
撮影:ホンマタカシ

4.新しい想像力との出会い:ファッション=デザインの枠組みの無効化

スーザン・チャンチオロ、COSMIC WONDER、BLESS/小金沢健人

「服という枠に収まりきらない表現力を持つものが生まれてきている。そこで生まれているのは、ただ着る、それだけのための服ではない。一緒に生きていたい、その美しさを長い時間楽しんでみたい服。日常ではそうそう得られない、ドキドキした感情を引き起こしてくれる、そんな服なのである。もはや、アートかファッションか?そんな区別を問うこと自体、まったく無意味だと思わせてくれる、新しい想像力との出会い。」(『拡張するファッション』より)林央子がかつてCOSMIC WONDERをこのように評したように、ファッション=デザインという枠組みにとどまらず、絵画、あるいはパフォーマンス、インスタレーションとファッションを関連付けている活動を紹介します。

横尾香央留《お直し-karstula-》
2013年 撮影:ホンマタカシ

5.古さ、遅さといった価値観の見直し:服と人との幸福な関係

横尾香央留

流行が目まぐるしく変わるファッションの世界で、古さや遅さといった概念は、肯定的に使われることはあまりないかもしれません。布地が肌になじむ、着古したクタクタのパジャマ、お気に入りでずっと着ていたのに虫に喰われてしまったシャツなど、その人にとっての大切な衣服にじっくりと向き合い、時間をかけて、ささやかな、しかし驚きのあるお直しをほどこし、日々まとう愛着の1枚をこの世にひとつしかないものに変化させる横尾香央留の仕事を展示します。

神田恵介×浅田政志
《東大阪青春白書》2013年

6.ファッションは人生の伴走者:技術、経験、感情の分かち合い

神田恵介×浅田政志、パスカル・ガテン、FORM ON WORDS

「ファッションは私たちの、生きる力が現れるところです。ファッションは私たちの創造性や傷つきやすさを表出させ、他者と自分自身を分かち合う献身的な行為なのです」。出品作家のパスカル・ガテンはこのようにファッションについて語っています。このセクションでは、作り手と受け手の新しいコミュニケーションの方法を実践しているアーティストたちの取り組みが披露されます。

▶パスカルガテンによる水戸芸術館現代美術ギャラリー監視員と行ったワークショップについて、詳細はこちらのブログからご覧いただけます。(※英語のみ)
〈Questioning the Consept of the Uniform(制服のコンセプトについて考える)〉
http://mitoguards.blogspot.jp/


▼作品図版

スーザン・チャンチオロによるドローイング 2013年 ©Susan Cianciolo

FORM ON WORDS 《ネクスト・マーケット「ジャングルジム市場」》 2012年


BLESS 
《N°45 Soundperfume》 
2011年 Photo by Team Peter Stigter

青木陵子 《ルーツ》2012年 
© Ryoko Aoki
Photo by Kei Okano
Courtesy of Take Ninagawa, Tokyo


パスカル・ガテン《Work Circles》2013年

長島有里枝 Untitled 2013年


小金沢健人
京都、丹後でのパフォーマンス 2014 


▼開催概要

展覧会名

拡張するファッション


会場

水戸芸術館現代美術ギャラリー


開催日

2014年2月22日[土]~ 2014年5月18日[日]


開館時間

9時30分~18時(入場時間は17時30分まで)


休館日

月曜日 *ただし5月5日(月・祝)は開館


入場料

一般800円、前売り・団体(20名以上)600円
中学生以下、65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料
【一年間有効フリーパス】
「ハイティーンパス」(15歳以上20歳未満 ):1,000円
・「おとなのパス」(20歳以上):2,500円


主催

公益財団法人水戸市芸術振興財団


助成

公益財団法人朝日新聞文化財団


協力

アサヒビール株式会社、イマジン・アートプランニング、エプソン販売株式会社、
有限会社野口装美、フォトグラファーズ・ラボラトリー、BUGHAUS、Diptrics Inc.


企画

高橋瑞木(水戸芸術館現代美術センター主任学芸員)


企画原案

林 央子


お知らせ

本展終了後、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館に巡回いたします。
会期:2014年6月14日(土)~9月23日(火・祝)
本展カタログは2014年春、DU BOOKS(株式会社ディスクユニオン)より全国発売予定。




終了
■関連プログラム
拡張するファッション

オープニングトーク

2014年2月22日[土]  

本展の元となった書籍『拡張するファッション』の著者、林央子と参加アーティストのパスカル・ガテンによるトークを開催します。

日時:2月22日(土)13:00~14:00
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー第8室
定員:40名(先着順・予約不要)
料金:展覧会入場料に含まれます。 
*英・日逐次通訳付き。

詳細


終了
■関連プログラム
拡張するファッション

オープニングパフォーマンス1

2014年2月22日[土]

小金沢健人
京都、丹後でのパフォーマンス 2014 

参加アーティストの小金沢健人によるライブパフォーマンスと作曲家・ギタリストの内橋和久による即興演奏。光と音、波と粒子についてのパフォーマンス。

日時:2月22日(土)14:30~15:00
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー第1室
料金:展覧会入場料に含まれます。 
協力:ローランド株式会社

詳細


終了
■関連プログラム
拡張するファッション

オープニングパフォーマンス2

2014年2月22日[土]

スーザン・チャンチオロによるドローイング 
2013年 ©Susan Cianciolo

参加アーティストのスーザン・チャンチオロがディレクションするパフォーマンスです。

日時:2月22日(土)15:30~16:00
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー第4室
料金:展覧会入場料に含まれます。 


終了
■関連プログラム
拡張するファッション

FORM ON WORDSワークショップ 「ファッションの時間」

  2014年3月1日[土]  2日[日]  

FORM ON WORDSのアーティストと一緒に、FORM ON WORDSの新作コレクションのためのデザイン画をデザイナーと一緒に描いてみます。

1時間目 「普通と変」普通の服ってどんな服?普通の服を観察しながら、変な服をデザインしてみよう。
      日時:3月1日(土)14:00~16:00

2時間目 「ことばのかたち」いろいろなことばから、洋服のデザインを考えてみよう。
      日時:3月2日(日)14:00~16:00

定員:各回10名 (対象年齢11歳以上)
料金:展覧会入場料に含まれます。
お申込:Eメールにて fowwsmito★gmail.com まで氏名、年齢、電話番号を添えて★印を@に変えてお申込みください。定員になり次第締め切ります。
*どちらか1回でもご参加いただけます。


終了
■関連プログラム
拡張するファッション

サンデートーク 「ファッションと展覧会」

2014年3月23日[日]

1980年代からファッションの展覧会を企画してきたアートディレクターの小池一子を迎えて、これまで手がけられてきたファッション関連の展覧会についてお話をうかがいます。

日時:3月23日(日)14:00~15:00(開場13:00)
出演:小池一子(アートディレクター)
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー内ワークショップ室(高校生ウィークカフェ会場)
定員:30名(先着順・予約不要)
料金:展覧会入場料に含まれます。


終了
■関連プログラム
拡張するファッション

神田恵介×浅田政志トーク

2014年4月5日[土]  

神田恵介×浅田政志 《手編みのセーラー服》 2013年

本展でコラボレーション展示をおこなっている神田恵介と浅田政志、そして写真作品の被写体となった学生たちを迎えてトークを行います。

日時:4月5日(土)14:00~15:30(開場13:30)
会場:水戸芸術館ACM劇場
定員:200名(先着順・予約不要)
料金:展覧会入場料に含まれます。


終了
■関連プログラム
拡張するファッション

FORM ON WORDS 「試着」

2014年5月3日[土]  4日[日]  

新しいスタイルの参加型ファッションショーを開催します。「ファッションの図書館」に収蔵された300着の古着とそれにまつわる物語から生まれた新作コレクションを試着してみましょう。試着した参加者がみなファッションショーのモデルになり、装着していただくイヤホンから流れる音声、会場に響く音楽がショーをリアルタイムで演出していきます。

演出・構成:野上絹代(FAIFAI)
音楽:佐藤公俊(Open Reel Ensemble/Sountrive) 難波卓己(Open Reel Ensemble)
映像:中島唱太

日時:5月3日(土・祝)、4日(日・祝)各日11:00~/13:00~/15:00~/17:00~ (各回20分〜30分)
※ 各回試着できる人数は13名となっています。
参加をご希望の方は30分前から開始する予約名簿にご記名ください。

会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー内ワークショップ室
料金:展覧会入場料に含まれます。


開催中
■関連プログラム
拡張するファッション

FORM ON WORDS 「ジャングルジム市場」

2014年5月3日[土]~ 2014年5月18日[日]

FORM ON WORDS 《ネクスト・マーケット「ジャングルジム市場」》2012年

ワークショップ参加者が制作した衣服を展示したジャングルジムを公開します。
日時:5月3日(土・祝)~5月18日(日)9:30~18:00
(最終入場17:30)
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー内ワークショップ室
料金:展覧会入場料に含まれます。


予告
■関連プログラム
拡張するファッション

COSMIC WONDER RESTAURANT

2014年5月18日[日]  

COSMIC WONDER 《COSMIC WONDER RESTAURANT》2013年 撮影:ホンマタカシ

参加者が持ってきたアイテムと参加証を交換してパフォーマンスに参加する「贈与」をテーマとしたパフォーマンスです。

日時:5月18日(日)14:00~16:00
会場:水戸芸術館広場(雨天の場合は現代美術ギャラリーで開催)
定員:100名(先着順・予約不要)
料金:展覧会入場料に含まれます。ただし参加ご希望の方は参加証と交換したいアイテム(生ものや生き物を除く)をお持ちください。


終了
拡張するファッション

アート・ミーツ・シネマ vol.2
「ザ・フューチャー」映画上映&アフタートーク

2014年2月23日[日]

©THE FUTURE 2011

■美術の地域連携プログラム

昨年好評いただいた、シネマパンチとのコラボレーション企画第二弾。展覧会「拡張するファッション」参加アーティストのミランダ・ジュライ監督による映画「ザ・フューチャー」上映の後、監督と親交のあるホンマタカシと林央子によるトークを行います。

詳細


終了
拡張するファッション

赤ちゃんと一緒に美術館散歩

2014年3月18日[火]  20日[木]  

■美術の教育プログラム

お子さんと一緒の鑑賞を係員が解説付きでサポートします。

対象:未就学児と保護者

詳細


終了
拡張するファッション

先生のための無料招待週間

2014年3月21日[金]~ 2014年3月30日[日]

■美術の教育プログラム

小・中・高・特別支援学校に勤務する教職員を対象に、展覧会無料観覧期間を設けます。
3月30日(日)には、学芸員のレクチャーと、グループで言葉を交わしながら作品を鑑賞する対話形式の鑑賞ツアーを行います。

【対象者】 小・中・高・特別支援学校に勤務する教職員
(図工・美術専門以外の教員/非常勤講師も可)

【ご覧頂ける展覧会】 拡張するファッション

詳細


終了
高校生ウィーク2014

ブカツ@美術館

2014年3月9日[日]~ 2014年4月6日[日]

■美術の教育プログラム

高校生がアーティストや学芸員、地域の大人たちと一緒に活動する美術館の部活動です。 「3人集まれば結成OK!」会期中に新たなブカツが生まれるかもしれません。大人可。見学自由。

≫高校生ウィーク2014 blog 更新中

詳細


終了
高校生ウィーク2014

ワークショップ

2014年3月9日[日]~ 2014年4月6日[日]

■美術の教育プログラム

カフェの中では展覧会に連動したアーティストとの制作活動や地域との関わりを考える企画を行います。

≫高校生ウィーク2014 blog 更新中

詳細


終了
高校生ウィーク2014

Cafe trigger 

カフェ トリガー  trigger:引き金、きっかけ、誘発

2014年3月9日[日]~ 2014年4月6日[日]

チラシ表

■美術の教育プログラム

高校生ウィークの期間中、ギャラリーの中に無料カフェが出現します。セルフサービスのカウンターにコーヒーやお茶が用意してあり、高校生に限らずどなたでもご利用いただけます。今年のカフェはfumiko imanoのイメージにあふれた実験室。彼女の作り出すユニークな世界を楽しんでください。

≫高校生ウィーク2014 blog 更新中

詳細


終了
人とアートに出会う4週間

高校生ウィーク2014

2014年3月9日[日]~ 2014年4月6日[日]

高校生ウィーク会場風景

■美術の教育プログラム

高校生と同年代の方に現代美術に親しんでいただくための展覧会無料招待期間です。期間中、来場者はどなたでもご利用いただけるカフェが出現し、展覧会参加アーティストの横尾香央留のワークショップやブカツなど、さまざまなプログラムを行います。

鑑賞できる展覧会:拡張するファッション

≫高校生ウィーク2014 blog 更新中

詳細


終了
拡張するファッション

ウィークエンド・ギャラリートーク

2014年3月8日[土]~ 2014年5月17日[土]

■美術の教育プログラム

市民ボランティアCACギャラリートーカーとともに展覧会を鑑賞します。
期間:3月8日 (土)~5月17日(土) 期間中の毎週土・日曜日 各日14:30~(約40分)
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー
料金:展覧会入場料に含まれます。
※ただし、3月23日(日)、4月5日(土)、5月3日(土・祝)、4日(日・祝)は除く。

詳細