終了

坂 茂 建築の考え方と作り方

2013年3月2日[土]~ 2013年5月12日[日]

■企画展
水戸芸術館現代美術ギャラリーでの展示風景 撮影:嶋本麻利沙

建築家・坂茂の創作と活動を包括的に紹介する日本で初めての大規模個展
 本展では、紙管をはじめとする様々な材料や構法を用いることで、住宅から公共施設、そして災害支援に至るまで、多くのプロジェクトを世界各地で進行させる建築家、坂 茂(ばん・しげる)の活動の全貌を紹介します。坂の作品の特徴は、我々が普段、気にもかけずに見過ごしがちなものの中に建築の材料として特性を見出し、それを建築作品として実用化するところにあります。坂はそのキャリアの早い段階から、これらの材料を用いつつ優れたデザインで解決する建築家として、独自の建築手法を展開してきました。例えば、80年代に再生紙でできた「紙管」に着目した坂は、多くの研究と開発を経て「紙の家」や「ハノーバー国際博覧会日本館」を実現させた一方、安価でどこでも入手できるという利点を活かして、「紙のログハウス」「避難所用簡易間仕切り(Paper Partition System)」といった災害支援へと発展させました。また、海上輸送コンテナを利用した「ノマディック・ミュージアム」や、それを多層化させて実現した「コンテナ多層仮設住宅(宮城県女川町)」、街角で見かけた中国製の帽子にヒントを得た「ポンピドゥーセンター・メス」など、その活動は幅広く、国際的に高い評価を受けています。
 本展では、坂の初期作品から代表作「ポンピドゥーセンター・メス」、および進行中のプロジェクトに至るまで、坂茂の仕事を写真、映像、模型、立体展示で辿ります。日本初の試みとなった3階建てのコンテナ仮設住宅の実物大モックアップ(一世帯)を屋外に展示し、坂茂の活動の全貌を俯瞰できる構成を予定しています。

* 展示中のガラスシャッターの開閉時間は次の通りです:11:00~/13:00~/15:00~/17:00~


▼坂 茂 プロフィール

1957年東京生まれ。クーパー・ユニオン建築学部を卒業。82年、磯崎新アトリエに勤務。85年、坂茂建築設計を設立。95年から2000年まで国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)コンサルタント、同年にNGO VAN設立。現在、京都造形芸術大学芸術学部環境デザイン学科教授。
<主な作品>「カーテンウォールの家」、「ハノーバー国際博覧会日本館」、「ニコラス・G・ハイエック・センター」、「ポンピドゥーセンター・メス」他多数
<主な受賞>フランス建築アカデミー ゴールドメダル(2004)、アーノルド・W・ブルーナー記念賞建築部門世界建築賞(2005)、日本建築学会賞作品部門(2009)、フランス芸術文化勲章(2010)、オーギュスト・ペレ賞(2011)、芸術選奨文化部科学大臣賞(2012)他多数


▼作品図版

コンテナ多層仮設住宅 - 宮城県女川町
© Voluntary Architects’ Network + Shigeru Ban Architects

間仕切り設置完了風景(大槌高校大体育館)
© Voluntary Architects’ Network


ノマディック美術館 New York
Photo by Michael Moran

カーテンウォールの家
Photo by Hiroyuki Hirai



▼開催概要

展覧会名

坂 茂 建築の考え方と作り方


会場

水戸芸術館現代美術ギャラリー


開催日

2013年3月2日[土]~ 2013年5月12日[日]


開館時間

9時30分~18時(入場時間は17時30分まで)


休館日

月曜日
※ただし2013年4月29日、5月6日(月・祝)は開館、翌4月30日、5月7日(火)は休館


入場料

一般800円、前売り・団体(20名以上)600円
中学生以下、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料
一年間有効フリーパス
「ハイティーンパス」(15歳以上20歳未満 ):1,000円
・「おとなのパス」(20歳以上):2,500円


主催

公益財団法人水戸市芸術振興財団


助成

公益信託タカシマヤ文化基金、公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団、
財団法人ユニオン造形文化財団


協賛

鹿島建設株式会社


協力

坂茂建築設計、アサヒビール株式会社、日本化工機材株式会社、株式会社イトーキ、株式会社加瀬倉庫、TSP太陽株式会社、株式会社良品計画、エルメスジャポン株式会社、Holzbau Amann GmbH、BLUMER-LEHMANN AG


企画

門脇さや子(水戸芸術館現代美術センター学芸員)




終了
■関連プログラム
坂 茂  建築の考え方と作り方

ギャラリー・ツアー

2013年3月24日[日]  

国内外の災害支援プロジェクトの現場に携わってきた坂茂アシスタントによるギャラリーツアー。ご予約、お申込みは必要ありません。参加ご希望の方は、開催時間までにギャラリー入口にお集まりください。

日時:2013年3月24日(日)14:00~(約40分)
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー
*料金は展覧会入場料に含まれます。


終了
■関連プログラム
坂 茂  建築の考え方と作り方

シンポジウム「建築と都市の未来」

2013年3月3日[日]  

2011年3月11日を境に、建築の安全性、災害に耐えられる社会やまちづくりについて再考することが重要な課題となりました。それから2年後となる2013年、「坂茂 建築の考え方と作り方」展開催にあわせて、建築家・坂茂氏と、異なるジャンルのプロフェッショナルらと共に、建築や人の可能性、新しい社会のヴィジョンとその実現に向けた方策をさまざまな視点から見いだすことを目的にシンポジウムを開催します。

会場:水戸芸術館コンサートホールATM
日時:2013年3月3日(日) 13:30~16:00(開場13:00)
料金:無料(当日先着順、定員600名)
*入場希望者が多い場合には、開催時間前に整理券を配布します。配布の場所はこのページでご案内します。

詳細


終了
坂 茂 建築の考え方と作り方

先生のための無料招待週間

2013年3月9日[土]~ 2013年3月17日[日]

■美術の教育プログラム

小・中・高・特別支援学校に勤務する教職員を対象に、9日間の展覧会無料観覧期間を設けます。
期間中の最終日3月17日(日)には、現代美術センター専属CACギャラリートーカーを道先案内人に、グループで言葉を交わしながら作品を鑑賞する対話形式の鑑賞ツアーと、学芸員のガイダンスを行います。

詳細


終了
坂 茂  建築の考え方と作り方

赤ちゃんと一緒に美術館散歩

2013年3月27日[水]  29日[金]  

お子さんと一緒の鑑賞を係員が解説付きでサポートします。

対象:未就学児と保護者

■美術の教育プログラム

お子さんと一緒の鑑賞を係員が解説付きでサポートします。

対象:未就学児と保護者

詳細


終了
人とアートに出会う4週間

高校生ウィーク2013

2013年3月10日[日]~ 2013年4月7日[日]

高校生ウィーク2012会場風景 撮影:大谷健二

■美術の教育プログラム

高校生ウィークは高校生と同年代の方に現代美術に親しんでいただくための展覧会無料招待期間です。期間中は年齢を問わずギャラリー入場者がどなたでも利用できるカフェを開設し、さまざまなプログラムを行います。

期 間:2013年3 月10日(日)~4月7日(日)
鑑賞できる展覧会:坂茂 建築の考え方とつくり方

詳細


終了
高校生ウィーク2013

仮設喫茶「基礎工事」

2013年3月10日[日]~ 2013年4月7日[日]

イラスト:小輪瀬護安

■美術の教育プログラム

高校生ウィークの期間中、ギャラリーの中に無料カフェが出現します。セルフサービスのカウンターにコーヒーやお茶が用意してあり、高校生に限らずどなたでもご利用いただけます。今年は建築展にあわせ、設営途中からカフェをオープンし、プログラムによって空間が変化し続けます。展覧会の途中にぜひお立ち寄りください。

期 間:2013年3 月10日(日)~4月7日(日)

詳細


終了
高校生ウィーク2013

ブカツ@美術館

2013年3月2日[土]~ 2013年4月7日[日]

イラスト : 小輪瀬護安

■美術の教育プログラム

高校生がアーティストや地域の大人たちと一緒に活動するブカツ。 会期中にアイデアが生まれ、新たなワークショップを行うこともあります。見学自由。

詳細


終了
坂 茂  建築の考え方と作り方

ウィークエンド・ギャラリートーク

2013年3月16日[土]  17日[日]  23日[土]  30日[土]  31日[日]  4月6日[土]  7日[日]  13日[土]  14日[日]  20日[土]  21日[日]  27日[土]  28日[日]  5月4日[土]  5日[日]  11日[土]  12日[日]  

撮影:大谷健二

■美術の教育プログラム

CACギャラリートーカーとともに展覧会を鑑賞します。
ご予約、お申込みは必要ありません。参加ご希望の方は、開催時間までにギャラリー入口にお集まりください。

2013年3月16日(土)~5月12日(日)
期間中の土・日曜日 各日14:30~(約40分)
※ただし3月24日(日)は除く

対象:一般

詳細