終了

3・11とアーティスト: 進行形の記録

2012年10月13日[土]~ 2012年12月9日[日]

■企画展
水戸芸術館現代美術ギャラリーでの展示風景 撮影:根本譲

2011年3月11日、東日本大震災が発生しました。被災地の内外で市民によるさまざまな支援活動が立ち上がるなか、表現を生業とする一部のアーティストも行動を起こしました。本展では、震災を受けて現れた約30に及ぶアーティストのアクションと表現を、2011年3月から現在へと時間軸をたどる形で振り返ります。
震災を受け、「表現」を通してその状況に向き合う作家がいる一方で、「アーティスト」というアイデンティティをいったん棚上げにし、作品にすることを前提とせず活動を行った作家も多くいました。その行為は「表現」なのか「記録」なのか、クリエイティヴィティある「支援活動」か。あるいは支援活動から発展した「作品」か――。その分かちがたさは、活動の背景にある作家の葛藤、現地の状況やニーズをくんだ展開、そして「災害後のアート」にまつわる各作家の考え方のちがいを示しています。盤石のように思われていた社会システムのもろさをあらわにした災害の圧倒的な衝撃は、現実を反映する同時代のアートにも波及し、これまで以上に大きく「アート」の理念や定義を揺さぶりました。
本展で紹介するアーティストたちは、「災害後」をそれぞれの視点からマクロにそしてミクロに見つめ、さまざまな形で表します。彼/彼女らの活動は、あのとき私たちが抱いた戸惑いやためらい、意志を鏡のように映し出すようです。東日本大震災から1年と7か月、いまだ未完了・進行形のこの時期に、アーティストの活動を私たちがたどることで、「あれから」を見つめ「これから」を考える、そう願いを込めて本展を開催します。


▼参加作家

荒井良二、遠藤一郎、開発好明、加藤翼、北澤潤、小森はるか+瀬尾なつみ、眞田岳彦、高山明(Port B)、
タノタイガ、Chim↑Pom、椿昇、照屋勇賢、トーチカ、中島佑太×ビルド・フルーガス、ニシコ、畠山直哉、
日比野克彦、藤井光、宮下マキ、村上タカシ(MMIX Lab)、ヤノベケンジ、山川冬樹、wah document

※荒井良二、開発好明、wah document はイベントでの参加となり作品展示はございません。



畠山直哉「気仙町 2012年3月24日」2012

ヤノベケンジ ワークショップ「トらやんの空飛ぶ方舟大作戦」
2011.08.28. 福島県立美術館
撮影:大場美和 © Kenji Yanobe


トーチカ「ReBuild」映像 2012 ©TOCHKA

ニシコ「地震を直すプロジェクト」 2011-
撮影:山本雄生


藤井光 ドキュメンタリー
「プロジェクトFUKUSHIMA!」映画 2012

加藤翼「The Lighthouses - 11.3 PROJECT」 2011


宮下マキ「産む人」2010‐ 
宮城県東松島市 2011

タノタイガ「タノンティアによるヘドロ撤去活動」 2011
撮影:タノンティア


照屋勇賢「自分にできることをする」2011

山川冬樹 「原子ギター 初号機 Stratocaster-typeと弐号機 Stratocaster-type Left Handed」 2011
撮影:曽我高明



▼開催概要

展覧会名

3・11とアーティスト: 進行形の記録


会場

水戸芸術館 現代美術ギャラリー


開催日

2012年10月13日[土]~ 2012年12月9日[日]


開館時間

9時30分~18時(入場時間は17時30分まで)


休館日

月曜日


入場料

一般800円、前売り・団体(20名以上)600円
中学生以下、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料
一年間有効フリーパス
「ハイティーンパス」(15歳以上20歳未満 ):1,000円
・「おとなのパス」(20歳以上):2,500円


主催

公益財団法人水戸市芸術振興財団


助成

財団法人自治総合センター、公益財団法人花王芸術・科学財団、
企業メセナ協議会GBFund(東日本大震災 芸術・文化による復興支援ファンド)、公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団、Stroom Den Haag


協力

アサヒビール株式会社


企画

竹久侑(水戸芸術館現代美術センター学芸員)


展覧会補佐

石井一十三(水戸芸術館現代美術センター デザイナー)


空間構成

assistant


展覧会グラフィック

川村格夫(ten pieces)




終了
■関連プログラム
3.11とアーティスト :進行形の記録 話す・きく・かんがえる

プレ企画|畠山直哉、小森はるか+瀬尾なつみトーク

2012年9月27日[木]

10月13日から開催する展覧会「3・11とアーティスト: 進行形の記録」のプレ企画です。
震災以降、故郷の陸前高田の撮影をつづける写真家の畠山直哉と、岩手に移り住み地元の人びとの記憶を聴きとりながら制作する美術家の小森はるかと瀬尾なつみ。継続的、反復的に被災地に身を置きながら今回の作品を制作している3人にお話をうかがいます。
※会場は水戸芸術館ではなく東京で行いますので、お間違いないようにご注意ください。

日時|2012年9月27日[木]19:00‐20:30(開場18:40)
会場|東京文化発信プロジェクトROOM302
     東京都千代田区外神田6-11-14( 3331 Arts Chiyoda 3F)

    ※駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。
定員|50名(先着順・予約不要) 
参加費|無料
後援|東京文化発信プロジェクト室
お問合せ|水戸芸術館現代美術センター Tel.029-227-8120


終了
■関連プログラム
3.11とアーティスト :進行形の記録 手を動かす・かんがえる

開発好明「デイリリーアートサーカス」

2012年10月13日[土]~ 2012年10月14日[日]

開発好明「デイリリーアートサーカス」2011

トラックにアートを詰め込み西日本から東日本へ移動しながら展示とワークショップを実施。西日本、関東地域で鑑賞料として集められた募金を東日本大震災の被災地へ寄付。被災地では学校や仮設住宅地にて無償でアートを楽しめる場を設けました。この活動を当館広場で行い紹介します。

日時:2012年10月13日[土]、14日[日]各日13:00-16:00
会場:水戸芸術館広場
※雨天の場合、13日は中止、14日のみエントランスホールへ会場を変更して開催します。


終了
■関連プログラム
3.11とアーティスト :進行形の記録 話す・きく・かんがえる

ドキュメンタリー「プロジェクトFUKUSHIMA!」
上映会+シネマてつがくカフェ@みと

2012年10月20日[土]

藤井光 ドキュメンタリー「プロジェクトFUKUSHIMA!」映画 2012

原発事故がもたらした問題について、大友良英ら福島にゆかりのあるミュージシャンらが中心となり芸術文化を通して考え発信している「プロジェクトFUKUSHI MA!」。その活動を立ち上げから追った藤井光監督のドキュメンタリー映画を上映。観賞後は、本作品の示す問題について「てつがくカフェ@せんだい」の西村高宏氏をファシリテーターに迎え、参加者同士で対話する場を設けます。

日程:2012年10月20日[土]
【上映会】
時間|13:30—15:00(開場13:00) 
会場|水戸芸術館ACM劇場
料金|500円(全席自由・当日券のみ) 
チケット取扱い|エントランスホールチケットカウンター

【シネマてつがくカフェ@みと】
時間|15:30—17:30(開場15:00)
会場|水戸芸術館現代美術ギャラリー内ワークショップ室
定員|50名(先着順・予約不要・要展覧会チケット)


終了
■関連プログラム
3.11とアーティスト :進行形の記録 話す・きく・かんがえる

wah documentトーク「アート被災地」

2012年10月21日[日]  11月18日[日]  

現地の人々からアイデアを募り実現することを作品としてきたwah documentは、2011年6月、宮城県石巻市にて避難所で生活している子どもたちからアイデアを募り、段ボールで映画館をつくり上映を行う「こども映画館」を、現地の人々とともに実現させました。その活動紹介とともに、被災地における芸術活動について、自身の考えや思いを語ります。

日時|2012年10月21日[日]、11月18日[日]各日15:30—17:00
会場|水戸芸術館現代美術ギャラリー内ワークショップ室
定員|70名(先着順・予約不要)


終了
■関連プログラム
3.11とアーティスト :進行形の記録 手を動かす・かんがえる

荒井良二ワークショップ「むかしむかし、大地震がありました…」

2012年11月17日[土]

荒井良二 「未来絵本」ワークショップの様子
写真提供:東北芸術工科大学 撮影:小板橋基希

絵本作家の荒井良二は、震災をうけ、絵を描くことを通して「あれから」と「これから」を見つめるワークショップを行っています。子どもから大人まで、作家と言葉を交わしながら過去、現在、未来に思いを馳せ、絵で表してみませんか。

ワークショップ参加者と荒井さんが描いた作品をエントランスホール壁面に12月9日(日)まで展示しています。ぜひご覧ください。

日時:2012年11月17日[土]13:00-16:00
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー内ワークショップ室
対象:小学生以上 ※個人でも親子や友人同士のペアでもどちらでも参加可
定員:30名(先着順・要電話申込)
申込み:水戸芸術館現代美術センター Tel.029-227-8120


終了
■関連プログラム
3.11とアーティスト :進行形の記録 話す・きく・かんがえる

遠藤一郎 創作落語「のりこ」

2012年12月8日[土]

遠藤一郎が石巻で活動を始めたときに出会った地元の人の話に始まり、東北での出来事を落語風に語ります。

日時|2012年12月8日[土]14:00-14:45(開場13:30)
会場|水戸芸術館現代美術ギャラリー内ワークショップ室
定員|70名(先着順・予約不要)


本日公演
■関連プログラム
3.11とアーティスト :進行形の記録 話す・きく・かんがえる

Ra+「経験と芸術」

2012年12月9日[日]

批評家、キュレーター、作家などによるグループが3.11以降の社会的・文化的現象を考えることから出発したRa+は、「経験と芸術生産」について考えるジャーナルです。3.11後のアーティストの動きについて人びとの意識調査も行っています。経験の当事者性、分断、災害の表象などについて、Ra+の主宰者らとともにゲストを交え話し合います。

日時|2012年12月9日[日]13:30-17:30(開場13:00)
会場|水戸芸術館現代美術ギャラリー内ワークショップ室
定員|70名(先着順・予約不要)
参加費|無料 *別途、展覧会入場券が必要です。(途中参加・退出可)

詳細


開催中
■関連プログラム
3.11とアーティスト :進行形の記録 手を動かす・かんがえる

ニシコ「地震を直すプロジェクト」公開制作 

2012年10月13日[土]~ 2012年12月9日[日]

災害で壊れた日用品を接いで直すプロジェクトを展示室で公開制作として行い、ご来場者も体験できる場を設けます。

期間:2012年10月13日[土]— 12月9日[日]*火曜日を除く。ほかにも不在な場合があります。
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー


終了
3.11とアーティスト :進行形の記録

赤ちゃんと一緒に美術館散歩

2012年10月30日[火]  11月2日[金]  

撮影:大谷健二

■美術の教育プログラム

お子さんと一緒の鑑賞を係員が解説付きでサポートします。

対象:未就学児と保護者

詳細


3.11とアーティスト :進行形の記録

ウィークエンド・ギャラリートーク

2012年10月27日[土]  28日[日]  11月3日[土]  4日[日]  10日[土]  11日[日]  17日[土]  24日[土]  25日[日]  12月1日[土]  2日[日]  

撮影:大谷健二

■美術の教育プログラム

CACギャラリートーカーとともに展覧会を鑑賞します。
ご予約、お申込みは必要ありません。参加ご希望の方は、開催時間までにギャラリー入口にお集まりください。

2012年10月27日[土]—12月2日[日]
期間中の土・日 各日14:30~(約40分)
※ただし11月18日[日]は除く

対象:一般

詳細