-> 2017
 -> 2016
 -> 2015
 -> 2014
 -> 2013
 -> 2012
 -> 2011
 -> 2010
 -> 2009
 -> 2008
 -> 2007
 -> 2006
 -> 2005
 -> 2004
 -> 2003
 -> 2002
 -> 2001
 -> 2000
 -> 1999
 -> 1998
 -> 1997
 -> 1996
 -> 1995
 -> 1994
 -> 1993
 -> 1992
 -> 1991
 -> 1990
(表示は年度毎)

終了
内藤 礼―明るい地上には あなたの姿が見える

内藤 礼 アーティストトーク

2018年9月8日[土]

現在開催中の「内藤 礼‐明るい地上には あなたの姿が見える」展におきまして、アーティストトークを開催することとなりました。

「地上に存在することは、それ自体、祝福であるのか」をテーマに制作する現代美術家・内藤礼は、光、空気、風、水、重力といった無尽蔵な自然と、それらがもたらす色彩や音を受けとる私たち地上の生を、ひそやかな、それでいて確かな希望を放つかたちに昇華させた空間作品で、国内外より高い評価を得ています。
国内では2014年以来の個展、かつ過去最大規模となる本展において、光を自身の作品における根源のひとつとしてきた内藤が、はじめて自然光のみによる、光と生命と芸術がけっして分別されえない「地上の生の光景」を見つめる空間を生み出しました。

本トークでは、本展を中心にこれまでの作品や制作について、内藤さんからお話しいただく予定です。

詳細


終了

撮影:田澤 純

水戸芸術館現代美術ギャラリーの入場料金体系が変わります。

2018年7月28日[土]

2018年7月28日からの展覧会「内藤 礼―明るい地上には あなたの姿が見える」より入場料金体系を改定します。

>>チラシのダウンロードはこちらから【PDF】

詳細


終了

ひと 2012年 ギャラリー小柳、東京 撮影:木奥惠三

内藤 礼―明るい地上には あなたの姿が見える

2018年7月28日[土]~ 2018年10月8日[月]

■企画展

「地上に存在することは、それ自体、祝福であるのか」をテーマに制作する現代美術家・内藤礼による個展。
本展では、光を自身の作品における根源のひとつとして扱ってきた内藤が、はじめてとなる自然光のみによる、光と生命と芸術がけっして分別されえない「地上の生の光景」を見つめる空間を生み出します。

◎本展は、作家の展覧会主旨により、自然光のみの展示となります。そのため、9月1日より開館時間が通常の18時から17時閉場に変更となります(入場は16時半まで)。

詳細


終了

昨年の会場風景

第50回記念水戸市芸術祭

美術展覧会第2期
(書、写真、デザイン、工芸美術)

2018年6月19日[火]~ 2018年7月8日[日]

第2期では、書・写真・デザイン・工芸美術部門の作品を展示いたします。それぞれの表現方法を通して、出品者の創作にかける思いが伝わってきます。

会期:6月19日(火)~7月8日(日) 
時間:9:30~18:00(入場は17:30まで)
*休館日:月曜日
入場無料
※工芸美術の会場は常陽藝文センター(三の丸)

詳細


終了
第50回記念水戸市芸術祭美術展覧会

特別展「水戸の風2018」ギャラリートーク

2018年5月26日[土]  6月30日[土]  

出品作家によるギャラリートーク。会場で作品を鑑賞しながら、作品の意図や制作秘話など作家自らが作品について語ります。

第一回 5月26日(土) 13:30~
出演:太田泰助、清水 優、宇留野信章、槙野仁一、井上英基、島 利宜、七字純子ほか

第二回 6月30日(土) 13:30~
出演:鎌田理絵、清水 優、宇留野信章、鈴木徹男、井上壽博、山内白華、島利宜、小瀬勝彦ほか

詳細


終了

「水戸の風2018」展示風景 撮影:根本譲

第50回記念水戸市芸術祭特別展

水戸の風2018

2018年5月25日[金]~ 2018年7月8日[日]

日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書、写真及びデザインの7部門から構成。水戸美術家連盟に所属する29作家の大作を紹介します。2001年以来4度目の開催となる本展は、多くの方々にご鑑賞いただけるように、「美術展覧会」と同時開催いたします。

詳細


終了

昨年の展示風景

第50回記念水戸市芸術祭

美術展覧会 第1期
(日本画、洋画、彫刻、インスタレーション)

2018年5月25日[金]~ 2018年6月14日[木]

日本画や洋画、写真、インスタレーションなど幅広いジャンルにわたり紹介している美術展覧会。多数の市民の方々より応募いただいた中から選ばれた力作を、2期に分けて展示いたします。見ごたえ十分の展覧会にどうぞご期待ください。

会期:5月25日(金)~6月14日(木)
時間:9:30~18:00(入場は17:30まで)
*休館日:月曜日
入場無料
※インスタレーションの会場は常陽史料館(備前町)

詳細


終了

昨年の様子

日比野克彦「明後日朝顔プロジェクト2018水戸」 苗植え

2018年5月19日[土]

全国に広がる「明後日朝顔プロジェクト2018」の参加地域にて育てられた苗を譲り受け、水戸のプランターへ植え、蔓が伸びるときの支えとなるロープを張り、ウッドデッキに色とりどりのペイントを行います。

※本日の日比野克彦「明後日朝顔プロジェクト2018」苗植え は、予定通り開催されます。小雨の可能性がありますので、お持ちでしたらカッパをご持参ください。

詳細


終了

昨年の展示より草月流

第50回記念水戸市芸術祭

いけばな展

2018年5月18日[金]~ 2018年5月20日[日]

九流派が、長い歴史と文化を背景にその精神と技を活かして個性的かつ創造的ないけばなを展開します。大小さまざまな展示スペースに合わせて現代的でダイナミックに活けられる花木たち。そのモダンな作風の中にも、伝統の美と繊細な表現が混在し、当ギャラリーならではのいけばなをご体感いただけます。
時間:9:30~18:00(入場は17:30まで) 
*20日(日)は入場16:30まで、17:00閉館
入場無料
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー
出品流派:池坊、小原流、花芸安達流、錦城古流、広山流、古流松應会、古流松藤会、草月流、龍生派

詳細


終了
「ハロー・ワールド  ポスト・ヒューマン時代に向けて」関連プログラム

アーティスト・トーク 谷口暁彦

2018年4月30日[月]

十和田市現代美術館を含め国内外の美術館・芸術祭などでキュレーションを手がける金澤韻をゲストに迎えて、出品作家の谷口暁彦のアーティスト・トークを行います。本展で展示している監視カメラの作品を出発点に、情報空間と現実空間を断続的に行き来する今日のリアリティなどについて議論します。

詳細


< prev|  1  2  3  4  5 |next >


↑このページのトップへ