予告

「アンブレラ 日本とアメリカ合衆国のジョイント・プロジェクト」1990年
2枚組のドローイング
©Christo, 1990 Photo:Wolfgang Volz

クリストとジャンヌ=クロード アンブレラ 日本=アメリカ合衆国 1984-91

2016年10月1日[土]~ 2016年12月4日[日]

■企画展

景観を変貌させる大規模なプロジェクトで世界的に有名なニューヨーク在住のアーティスト、クリストとジャンヌ=クロード(Christo、1935年生まれ/Jeanne-Claude 、1935年生まれ 2009年没)が、1991年秋に米カリフォルニア州南部と茨城県北部で実施した「アンブレラ」のドキュメンテーション展を開催します。この“一時的なアート作品”では、カリフォルニアの丘陵地帯に1,760本の黄色の傘を、茨城県の水田地帯に1,340本の青色の傘を同時に配置させました。一本の傘の大きさは高さ6メートル、直径約8.7メートルという巨大なもの。18日間の会期中に日本で50万人、アメリカで200万人が鑑賞しました。本展では、クリストによるドローイングやコラージュ作品、写真、傘本体ほか、実際に使用された資材、スケールモデルなどを展示し、1991年の「アンブレラ」を振り返ります。

詳細


予告
クリストとジャンヌ=クロード アンブレラ 日本=アメリカ合衆国 1984-91

ウィークエンド・ギャラリートーク

2016年10月15日[土]~ 2016年12月4日[日]

■美術の教育プログラム

●参加費は展覧会入場料に含まれます。

市民ボランティアCACギャラリートーカーとともに展覧会を鑑賞します。参加ご希望の方はギャラリー入口にお集まりください。
期間:10月15日 (土)~12月4日(日) 期間中の毎週土・日曜日 各日14:30~(約40分)
※ただし11月20日(日)は除く。

詳細


募集中
藤森照信展-自然を生かした建築と路上観察(仮) 関連企画

水戸路上観察学会

2016年11月5日[土]~ 2016年11月6日[日]

■美術の地域連携プログラム

藤森照信〈草屋根〉ラ・コリーナ

2017年3月11日より開催する「藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察(仮)」に先駆け、水戸市で路上観察学会を開催します。
路上観察学会のメンバーと水戸の街なかをフィールドワークし、水戸の魅力を再発見します。
また、藤森照信展のオープン初日には水戸路上観察学会総会を開催し、プログラム参加者の公開品評会も実施します。
品評後の物件写真は藤森照信展会期中に水戸市中心市街地で展示される予定です。

*お申込み方法等は詳細ページをご覧ください。

詳細


予告
クリストとジャンヌ=クロード アンブレラ 日本=アメリカ合衆国 1984-91

赤ちゃんと一緒に美術館散歩

2016年11月17日[木]~ 2016年11月18日[金]

■美術の教育プログラム

●日時:11月17日(木)、18日(金) 各日10:00~12:00

企画展ごとに行っている未就学児とその保護者のための鑑賞ツアーです。
子育て経験、または保育士の資格を持つメンバーを中心とした水戸芸術館ATMフェイス(館内案内誘導係)が作品鑑賞の案内と乳幼児のケアをきめ細かく行います。
今回から、展覧会の鑑賞に加え、ワークショップやレクチャーなどを盛り込んだ新しい内容でお楽しみいただきます。

詳細


予告
クリストとジャンヌ=クロード アンブレラ 日本=アメリカ合衆国 1984-91

視覚に障害がある人との鑑賞ツアー「セッション!」

2016年11月20日[日]

■美術の教育プログラム

●15:00~17:30
●参加費:1,000円(展覧会入場料を含む)
●定 員:15名(先着順・要電話申込)
●お申込:水戸芸術館現代美術センター TEL.029-227-8120
●視覚に障害がある方はお申込みの際にお知らせください。

全盲の白鳥建二さんをナビゲーターに、見える人と見えない人とが一緒に展覧会を鑑賞するツアーです。今回ははじめに館内をめぐり、作品だけでなく水戸芸術館の空間全体を楽しみます。

詳細


予告

石川直樹 この星の光の地図を写す

2016年12月17日[土]~ 2017年2月26日[日]

■企画展

本展は、世界をフィールドに活躍する写真家、石川直樹による初の大規模個展です。石川は、22歳で北極点から南極点までを人力で踏破、23歳で七大陸最高峰の登頂に成功し、その後も各地を旅しながら、人類学・民俗学の観点を取り入れた独自のスタイルで撮った写真で、日常、そして世界を見つめ直す活動が注目されています。
本展では、北極(『POLAR』)・南極(『ANTARCTICA』)、世界最高峰のエベレスト(『8848』)、世界一登ることが難しいと言われる世界第二高峰(『K2』)といった極地をとらえたもの、洞窟壁画(『New Dimension』)、日本の南北に点在する島々を巡る『ARCHIPELAGO』などを、未発表作をおりまぜて紹介します。石川は、旅先で出会う人びとにひときわ関心を寄せ、その地に古くから伝わる生きるための技術や生活様式に着目し、探求の旅を繰り返してきました。それは、もともと「技術」という意味を語源にもつ「アート」を追求する果てしない旅ともいえます。その軌跡は、国境を越えたつながりを浮き彫りにし、世界を見るもう一つの視点を示すものとなるでしょう。

詳細


< prev|  1 | next >


↑このページのトップへ