開催中

「水戸の風2018」展示風景 撮影:根本譲

第50回記念水戸市芸術祭特別展

水戸の風2018

2018年5月25日[金]~ 2018年7月8日[日]

日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書、写真及びデザインの7部門から構成。水戸美術家連盟に所属する29作家の大作を紹介します。2001年以来4度目の開催となる本展は、多くの方々にご鑑賞いただけるように、「美術展覧会」と同時開催いたします。

詳細


開催中

昨年の会場風景

第50回記念水戸市芸術祭

美術展覧会第2期
(書、写真、デザイン、工芸美術)

2018年6月19日[火]~ 2018年7月8日[日]

第2期では、書・写真・デザイン・工芸美術部門の作品を展示いたします。それぞれの表現方法を通して、出品者の創作にかける思いが伝わってきます。

会期:6月19日(火)~7月8日(日) 
時間:9:30~18:00(入場は17:30まで)
*休館日:月曜日
入場無料
※工芸美術の会場は常陽藝文センター(三の丸)

詳細


予告
第50回記念水戸市芸術祭美術展覧会

特別展「水戸の風2018」ギャラリートーク

2018年5月26日[土]  6月30日[土]  

出品作家によるギャラリートーク。会場で作品を鑑賞しながら、作品の意図や制作秘話など作家自らが作品について語ります。

第一回 5月26日(土) 13:30~
出演:太田泰助、清水 優、宇留野信章、槙野仁一、井上英基、島 利宜、七字純子ほか

第二回 6月30日(土) 13:30~
出演:鎌田理絵、清水 優、宇留野信章、鈴木徹男、井上壽博、山内白華、島利宜、小瀬勝彦ほか

詳細


予告

ひと 2012年 ギャラリー小柳、東京 撮影:木奥惠三

内藤 礼―明るい地上には あなたの姿が見える

2018年7月28日[土]~ 2018年10月8日[月]

■企画展

「地上に存在することは、それ自体、祝福であるのか」をテーマに制作する現代美術家・内藤礼による個展。
本展では、光を自身の作品における根源のひとつとして扱ってきた内藤が、はじめてとなる自然光のみによる、光と生命と芸術がけっして分別されえない「地上の生の光景」を見つめる空間を生み出します。

◎本展は、作家の展覧会主旨により、自然光のみの展示となります。そのため、9月1日より開館時間が通常の18時から17時閉場に変更となります(入場は16時半まで)。

詳細


予告

《肌-1》2017 陶磁、木、糸、鈴 撮影:萩原楽太郎

クリテリオム94

北林加奈子

2018年7月28日[土]~ 2018年10月8日[月]

陶に軟質な素材を掛け合わせた彫刻シリーズ「肌」(2017年)で、有機的な存在感と手で触れるような皮膚感覚を呼び起こした北林加奈子(1990年生まれ)を紹介します。

詳細


予告

撮影:田澤 純

水戸芸術館現代美術ギャラリーの入場料金体系が変わります。

2018年7月28日[土]

2018年7月28日からの展覧会「内藤 礼―明るい地上には あなたの姿が見える」より入場料金体系を改定します。

>>チラシのダウンロードはこちらから【PDF】

詳細


予告

夏休みのアート体験!「こども・こらぼ・らぼ 2018」

2018年7月29日[日]   8月1日[水]   2日[木]   8日[水]   9日[木]   11日[土]   12日[日]  

■美術の教育プログラム

●会場 水戸芸術館館内各所、水戸市植物公園、茨城県立歴史館
●対象・参加費:プログラムによって異なります

【お問合せ】
Tel. 029-227-8120
水戸芸術館現代美術センター
〒310-0063 茨城県水戸市五軒町1-6-8

●来館やプログラム参加にケアが必要な方はお気軽にご相談ください。
●プログラム中は記録撮影を行います。撮影が難しい方は係にお知らせください。

毎年恒例の子どもと家族のためのアートイベント。アーティストや音楽家がワークショップを行います!今年は水戸芸術館を飛び出して、水戸市植物公園や茨城県立歴史館でも開催。夏休みの思い出づくりに、お友だちやご家族でぜひご参加ください。

7/29(日)、8/1(水)、2(木)、8(水)、9(木)のプログラム…要予約
8/11(土)、12(日)のプログラム…予約不要

チラシ(表面)のダウンロードはこちら【PDF】
チラシ(中面)のダウンロードはこちら【PDF】

詳細


< prev|  1  2  3  4  5 |next >


↑このページのトップへ