小澤征爾館長挨拶

水戸芸術館館長 小澤征爾

音楽、演劇、美術を身近なものに

___________________________
          撮影:大窪道治

 このたび、水戸芸術館の館長に就任いたしました小澤征爾です。
 今から約20 年前、吉田秀和先生が佐川元市長から運営を任されてこの芸術館を創る時に、
吉田先生が私を鎌倉のご自宅に呼んで、室内管弦楽団を組織したいとおっしゃり、つくり上げたのが
水戸室内管弦楽団です。それ以来ずっと、ここのコンサートホールで仲間たちと演奏を続けてきました。
 まず、水戸芸術館の開館と同時に、水戸室内管弦楽団ができあがった、そのことが素晴らしいこと
だと思いました。ここが開館した1990 年頃、全国各地にホールができましたが、ほとんどが貸し
ホールみたいなものになっているという状況の中で、建築家の磯崎新さんや照明家の吉井澄雄さんが
いて、美術も演劇もやるということで、非常にユニークなことを水戸はやっているという印象を
持っていました。
 今回お引き受けした理由は、定期演奏会の度に水戸を訪れる中で、水戸室内管弦楽団が市民の
皆さんに支持されて、愛されているということが分かり始めたためです。私は、音楽は人が生きる
上で絶対に必要なものだとは思いませんが、何らかの力を持っていると思いますので、市の皆さんと
協力して、音楽をより身近に感じていただけるようなことが出来れば嬉しいです。
 初めてこのお話をお聞きした時に、指揮者が館長をできるかということと、それから健康の問題が
ありました。病気はいつ再発するか分からないと言われていたので、その検査をずっとして、つい
最近に無事卒業という結果が出たので、こうしてお引き受けすることになりました。
 もちろん私は指揮者ですから館長という職を務めたことがありませんので、自信があるかと言われ
るとそれほどありません。ただ、私の音楽家としての経験から言えば、音楽の場合は市民の方にその
活動が受け入れられるということが一番大事なことだと思います。例えばここのホールは約700 席
しかありませんから、直にホールの中に来て下さる方は限られています。ですので、小学生や中学生
に対して、水戸芸術館から出向いて、学校のホールや他の大きな施設などで演奏を聴いてもらい、
あるいは水戸の学校はブラスバンドが優秀ということで、そうした学生とのつながりができると、その
ご家族は、子供たちのことを見ていて、必ず興味を示してくれるだろうと思います。ぜひそうした
活動を水戸でもさせて頂きたいと思っています。
 今後は、これまで吉田先生が水戸芸術館で実践されてきたことを引き継いで、音楽・演劇・美術の
3 つが効率よく機能して、ますます発展するように関係者一同力を合わせて努めていきたいと思います。
 ここの芸術館には高いタワーがあってみんなのシンボルになっていますが、館の活動についても街の
人たちにもしみわたるようになり、身近に親しんで頂ければ、演奏家の私としてはまったく嬉しいし、
本望であります。

※これは、2013 年4 月4 日に水戸芸術館会議場で行われた就任記者会見におけるあいさつをまとめたものです。

>小澤征爾館長プロフィールはこちら



初代館長挨拶

水戸芸術館開館前の1988年12月2日から館長を務めていただいた吉田秀和氏は、2012年5月22日に逝去いたしました。 

水戸芸術館 初代館長 吉田 秀和

世界に発信する開かれた芸術活動の拠点

h_yoshida2 この芸術館は演劇と美術と音楽という3つの芸術の分野の仕事が、並んで展開されるようにできてます。こんなものは、日本だけじゃなく、世界中どこへ行ったってないのではないでしょうか。
 芸術というものは、今生きているところから、将来に向かって展望して、これから何を作ることができるだろうかとか、また、ぼくたちの人生、社会というものがこのさきどうなってゆくのだろうか、ということを予感したり、予覚したり、あるいは予告するような仕事をする側面をもっている。この芸術館では、そちらの面を美術が受けもつ。ここで展示されるものの中には、奇妙きてれつなものがあるかもしれませんけれども、それはそれで、ぼくたちの明日のことを示しているのかもしれないし、あるいは明日はこうなってほしくないようにってことをいっているかもしれない。ともかく、ごらんになって下さい。
 鈴木さんの演劇の外形は、非常に独特ですけれども、その土台にあるのは、たいていギリシア悲劇とシェイクスピア、チェーホフ、ベケットというような、世界の演劇の古典といってもよいものです。それを日本のこれまで生き続けてきた舞台芸術、たとえば、能、狂言とか歌舞伎とかの歩き方とか、声の出し方とか、そのほかのものを使いながら、現代人にとって、非常に重要で、さし迫った問題につながるところのひとつの総合体として舞台に展開するという、そういう仕事をしています。これは、古いものを使いながら、それを自分の創造物に転換してゆくという、芸術にとって基本的な働きを示す仕事にほかならない。いや、これこそ芸術の本体だといってもよろしい。
 芸術館は水戸市制百年記念事業の一環として構想されたそうです。百年といえば、日本で、いわゆる洋楽を容れてからもほぼ百年あまり。ちょうど水戸が市になったのと同じ頃、日本でもドレミファでもって音楽をやり、演奏したり、作曲したりする仕事が始まりました。百年間やってきて、どんな意味があっただろうか。もしも、かつて日本で鳴ったことのないような音がここで鳴り、日本人が日本の中にじっととじこもってしまうのでなく、世界に向かって手をひろげて歩いてきた結果が、百年経ったらこうなったんだ、ということになったら、どんなにいいでしょう! それは単に日本が小澤征爾という一人の名指揮者を生み出したとか何とかいう以上の意味をもつのではないか。
 また、ぼくは畑中良輔さん、間宮芳生さん、若杉弘さん、池辺晋一郎さんといった4人のすぐれた音楽家に参加してもらって、委員会をつくり、企画運営をやるつもりです。
 以上はここでは、こういうものを皆さま方に提供するという予告ですが、芸術の仕事の意味は、実はそれだけじゃ終わらないんです。皆さんがここに来て下さって、それを見たり聞いたりして作品と、問答をしたり、批判したり、共感したり、感激したり、そういうことがあってはじめて、芸術というのはひとつの実りを結ぶことになるのです。 もうひとつ、大事なこと。それはぼくらが提供するものを聞いたり見たりするというだけじゃなくて、ご自分もやりたかったら、ここでやっていただく。この芸術館は、水戸の市民のものですから、水戸の市民に当然開放されるべきものです。歌を歌いたくなったら、どうぞここに来て歌って下さい。とにかく、水戸にできたものなのですから、これは水戸の市民の財産です。だから、まず、自分たちのものであるということを感じていただく、そういうふうに仕事をするのはぼくたちの役目です。
 芸術館は、どこの誰に対しても、胸襟を開いた存在にならなければいけないと思います。これが、ぼくの、音楽評論家としての哲学だし、それから、ぼくがここに芸術館の館長としている限りにおいて、水戸芸術館のテーゼとして、貫いていきたいと思うのです。水戸のものだけど、視野を水戸だけに閉ざさないでゆき、水戸を超えたものになろうと心がけ、前進することを怠らない。そうなってはじめて、世界の方でもよろこんで日本を、水戸を受け入れてくれるようになるのです。
 ひとつ、この水戸芸術館を、水戸のものだが、水戸を超えたもの。世界から受信し、世界に発信する開かれた芸術活動のひとつの拠点にしようではありませんか。これが水戸芸術館の原則です。  

※これは、1990年3月21日にコンサートホールATMで行われた水戸芸術館開館記念式典におけるあいさつからまとめたものです。

» 東日本大震災の被災に寄せて
» 水戸の復興に向けて--芸術館が芸術を発信する意味

理事長挨拶

公益財団法人水戸市芸術振興財団 理事長 森 英恵

まちの中へ、人のこころに

h_mori2 水戸芸術館は、1990年の開館以来、今日まで吉田秀和館長を中心に音楽・演劇・美術それぞれの分野で充実した事業を数多く開催してまいりました。
 ヨーロッパには、高く評価されるような活動をしている文化施設がたくさんあり、それがまちの顔になるとともに、そこに住んでいる人たちが芸術に接することによって、日常にアクセントをつけ生活をエンジョイしている様子がよくみられます。
 日本では、文化施設を核としたまちづくりや芸術を楽しむことを中心にした生活は、まだ一般的ではありませんが、21世紀になり、わが国でも経済一辺倒ではなく、芸術に触れて感性を磨くことが大切だとの考えから、文化政策にも重きがおかれるようになってきました。
 水戸市と芸術館では、いろいろな工夫をしながら、館とまちを結びつけたり、芸術を身近に感じられるような活動を展開していますが、美しい自然と豊かな歴史を持つ水戸に誕生した芸術館を今後もより一層守り育てていくことが、水戸のまちづくりにとってもまた市民生活にとっても重要なことではないでしょうか。
 これからも、当財団は、「まちの中へ、人のこころに」をモットーに、水戸のまちと強く結びついた活動を行い、多くの皆さんにこころから喜んでいただけるような事業を提供し、水戸を日本を代表する芸術文化都市としていきたいと考えています。
 どうぞご支援ご協力下さいますようお願いいたします。